ここはだれ、私はどこ?  ヒトリゴト

昨日の夕方、ハナをデイケアに迎えに行ったときのこと。

デイケアの駐車場の横が、目下、工事中で、
大きなクレーン車がきていました。

車を止めてドアを開けると、

「ピーッ、ピーッ、バックシマス
ピーッ、ピーッ、バックシマス

と聞こえるじゃあ、ないですか。
そのクレーン車から。

工事の人たちも朝から晩まで大変だよなあぁ。
なんて思いながら車のドアをばんっと閉めて・・・

れれれ?
いま、バックシマス、っていった?

ここはオーストラリアで、
私が住んでるのはオーストラリアで、
家から一歩出れば雑音のように英語が溢れてて、
でも私の第一言語は日本語で、
雑音のはずの英語の中に日本語が聞こえてきて、
見慣れた風景の中にいるのに、
ここは日本じゃないのは潜在的にわかっているのに・・・・

ここはだれ?
私はどこ?

状態に陥って、なんか瞬間的にクラクラときました。

疲れてんのかな・・・

しかし、工事現場の皆さんは
「バックシマス」なんて知らせてくれる日本的顧客サービスを受けながら、
でもそれとも知らずにいるのでしょう。

これでバックしてくるクレーン車にひかれちゃったりしたときは、
「アナウンスが英語じゃなかった!!!」
って、クレーン車を作っている会社が訴えられちゃったりするのでしょうか?
コベルコ、って書いてましたよ、クレーン車に。
そこまでアメリカナイズされてないか、この国も・・・!?



2007/6/15  21:24

投稿者:hanabanana

>しらゆきひめどの

すごいなあ、それも。
運転中、よく見てみると結構そういうのあったわ・・・今日もなんとか車輌って書いてあるトラックを見た。
グローバリゼーションは止められないものね。

>ジミーさん

丁寧でしょ。

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2007/6/14  21:58

投稿者:しらゆきひめ IN UK

家の近くの中華のテイクアウェイの店の車のボディには、「藤原とうふ店」て立派に書いてあります。笑
とうふって平仮名だから、
お店の人もわかれへんやろうなあって
見るたびに思います。

ガッツ石松、うわ、一発変換できた。すごい。

2007/6/14  21:09

投稿者:hanabanana

>よどっこちゃん

あはは〜、ガッツ石松かぁ。
(がっついしまつ、って変換したらいっぺんで「ガッツ石松」に正しく変換できたよ、びっくり)
わらえる!!
オーストラリアでガッツ石松を聞くとはおもってなかったよ、ほんま。

>づみさん

無意識の状態で英語を耳にすると「雑音」にしか聞こえないのに、
無意識の状態でも日本語が聞こえてくると、
ちゃんと言葉として認識できてしまうって、
やっぱり母国語って「深いところ」にあるんだな〜、と考えてしまいました。
コベルコ、って、アメリカの会社なんですか。知らなかったです・・・

http://happy.ap.teacup.com/motty/

2007/6/14  16:46

投稿者:づみ

わぁ〜
なんか不思議な体験のような
現場の人たちはわかっているのかしら〜

アメリカ製のクレーン車を日本から輸入したということだよね

2007/6/14  16:03

投稿者:よどっこ

日本の中古車を使ってる業者よく見るよ〜。
バスとかにも「自動扉」って書いてたりトラックに「レンタル」ってカタカナで書いてたり。
なんか笑っちゃうよね〜。
前さ〜日本のテレビでトラックの「バックします」と言う音声が「ガッツ石松」って聞こえるってやってた。
それから私も意識して聞いてたらやっぱ「ガッツ石松」だったよ。聞こえない??
今度チャンスあったら聞いてみて!!!
私も「ガッツ石松」このオーストラリアで聞きたいな〜〜〜(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ