2006/6/2

簡易書留  万年筆

なんだろう・・・。
っと、万年筆のメンテナンスに出していたので、それが終了して送ってきてくれたのです。
書留」は郵便物の中でも現金やクレジットカードなど大切モノを送る時に使います。私が大事にしている万年筆をやはり大事にしてくれている店長心配りにますます嬉しくなってしまいました。
簡易書留で送られてきた万年筆の書き味は店長の思いも含まれて今までにもまして「」が出てきました。



2006/6/3  19:46

投稿者:佐藤勝人

経営者的発想だとコストを考えてヤマトでOKでお客様も普通だね。

お客から観ると思いもよらない「簡易書留」わかるお客にはわかるんだね(^^)

あとはずっと続けることですね。

例えばここのところ売上げが厳しいからと言ってコスト削減でヤマトに変わったら店側はとりあえずは助かり、会計士も褒めるだろうが、お客の目にはあの店、危ないって映るんですね・・・・・。


2006/6/3  14:45

投稿者:シルバーラビット

またまた、いいお話を伺いました。
うれしいですね!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ