2006/4/27

これでお客様は喜ぶかな?  ひとりごと

テレフォンアンサーなるものが普及しています。
大体フリーダイヤルになっているので何かと問い合わせるときにはこちら側に負担がないので安心してかけることが出来きます。

あるクレジット会社の請求書に関して聞きたい事があったのでフリーダイヤルにかけました。デジタル音声でメニュー番号のアナウンスがいろいろあったのでそれに従ってダイヤルを次々とプッシュしていきました。ここまでは特に負担も不便も感じません。
それでも結果的にオペレーターに聞きたい項目があったのでその番号をプッシュ。
・・・・
「ただ今オペレータにつないでおります。しばらくお待ちください。」
<そうだね〜ちょっと待っているよ>
もうしばらくお待ちください。」
<ハイハイ、待ちますよ。>
・・・・・・
「ただいま回線が大変込み合っています。しばらくしてからもう一度おかけ直しください。プー、プー、プー。」
<はぁ〜?(摩邪風)いままで何桁もプッシュしていたのは何ナノ?>
(ちなみにフリーダイヤルと併記してある一般回線に電話をかけても同じメッセージが流れました)

これで合理化(効率化)が進んで、その会社の業績が上がったとしてもその会社を使おうとは思わないなぁ〜。そうなれば効率化を進めたからお客様が離れちゃってその会社がつぶれちゃうなんてことになるのにネェー。



2006/4/27  13:44

投稿者:佐藤勝人

上場企業はそんなの関係ないんだよね!
経営者が任期の間に業績だけを上げればいい。株主も目先の業績だけ、自分の配当しか考えていないからね。そんな株主に振り回され業績だけに追われる帳尻合わせの経営者なんて元々次元低いと思う。

しかし、私だって任期で経営していたら帳尻合わせの業績しか目が届かなくなるだろうしね・・。

人間がやる以上、余程志が高くない限りイチイチ金かけていられないんだよね・・・。

わざわざたった数人のために・・・・・。

わざわざたった数人のお客のために考えても任期中には業績は変わらない。
しかし、わざわざたった数人のお客のために考えることでジワリジワリと企業文化となって数十年後に生きてくるんだろうね。

だから我々は実践する!



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ