2020/5/29

スタイルを決める。<6,478本目>  ひとりごと

双方向コミュニケーションツールとしてZOOMを使う機会が増えてきました。
ノートパソコンには多くの機種で標準でカメラもついているので使うためのハードルはずいぶんと低くお手軽に利用できるようになってきています。

それでも、手元にあるスマホで電話をする時とはちょっと勝手が違うので戸惑うときもあります。
その原因のひとつは、
「使うときによって、使う道具が違う」ことがあります。

画面は写っているけれど「音声」が聞こえないが一番多いパターンです。
マイクを何にするかによって随分と状況が変わります。
「いろいろな道具を(カンタンに)使える」は言い換えると
「選択肢が多くて(迷い)困る」ということにもなります。

今後のビジネスや日常生活でも
「テレワーク」が多くの時間を占めることとなります。

今のうちから“自分の(通信環境)スタイル”を決めておくと、
その道具は一層機能的にかつ効率的に利用できるようになります。

最初は試行錯誤ですね、これも勉強です。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ