2019/11/26

天国への階段。<6,343本目>  ひとりごと

92歳まであと2週間でした。
91年11ヶ月16日、昭和、平成、令和と三つの時代を生き抜いた父が旅立ちました。

日野が生まれた時に
お米の卸の仕事を新たに始め、
米屋さん(小売店)を丁寧にお世話していました。
今でいえばリテールサポートというか
正にコンサルティングですね。

北海道から東北などの米どころを回って、
お米の商談をして出張していたのでしょうね〜。

絶好調で飛び回っていたのですが
60歳で心筋梗塞で倒れました。
その時も1週間集中治療室で意識もなく頑張り、
意識が戻ったら「三途の川まで行ってきたけど帰ってきた。」と。
家族からは
「もうこれで仕事をやめて少し楽にしたら?」
と言えば言うほど、仕事に復帰して
卸売業の協同組合の先行き不透明とみて
株式会社へ組織変更をして、初代社長としてまたまた奮闘する。

それを内助の功で支えた母もちょうど3年前に旅立っています。

いつも両親を「“脳”を揺さぶるビジネスフォーラム」へ招待して
(実際は人が集まらないと大変だろうと、正規料金を払って応援してくれていた。)
照れくさいけれども、
息子が何とか人様のお役に立っていることを見せることが出来た。

晩年は、何をおいても息子の仕事を優先させてくれた。
人並みではあるけれど、
親は有難いものである。

頑張って、頑張って、頑張って生き抜いた父に
「もう、少しはゆっくりしていいよ。」と声を掛けました。

転ばないようにゆっくり階段を上ってね(^^)/。


クリックすると元のサイズで表示します




2019/12/3  8:31

投稿者:more

mamebouさん、ありがとうございます。
最後は静かに眠りました。

http://www.more8.com/athp/

2019/12/2  20:50

投稿者:mamebou

心よりお悔み申し上げます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ