2019/5/29

お店は誰のため?<6,303本目>  ひとりごと

集客のためにどのお店も工夫と知恵を出す。
自分の扱っている商品をきちんと伝えなければ、
お客さまは来店してくれない。

ましてや、お金を払って買ってくれるには信用と信頼も必要だ。
そしてそのすべてのお客さまとの接点にあるのがお店なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
「店は客のためにある」

東京、神谷町にある商業界会館の壁面にある不変のメッセージだ。

月刊商業界6月号の巻頭特集「顧客名簿こそ収益源」に執筆もしています。
タイトルは
「中小店経営者なら誰でもできる「アナログ重視」の顧客情報管理術」です。
クリックすると元のサイズで表示します
内容は、
「メール全盛の今、DM は効く ただし、全員に出そうとするとできなくなる まずは5人、10 人の顧客に手紙を!」
です。

今週末には7月号(6月1日発売)が出るタイミングなので、もう書店にはないと思います。
読んでみたい方はご連絡くださいね。

また、7月号の特集「(たぶん)これからの経営者」(という意味のタイトルのはず)で、
また日野が執筆しています。
書店へ行って立ち読みしたらレジへそのまま持って行ってください(^^)/。







2019/6/12  9:36

投稿者:more

ととべりぃさん、ありがとうございます。
商業の聖地です。

http://www.more8.com/athp/

2019/6/6  10:33

投稿者:ととべりぃ


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ