2011/4/24

素人なのに職人だ。<3,544本目>  ひとりごと

ビジネスツールと大事な手帳。

タイムマネジメントや目標達成のために様々な手帳が世の中にはある。

日野も思い起こせば、中学校の「生徒手帳」から始まり、
高校生の「学生手帳」、大学社会人になってからも様々な手帳を身近に使ってきた。

それが高じて
3年前からオリジナル手帳を開発し、販売をさせて頂いている。
(「MoreDream2011」と名付けたリフィルだ。)

年末になると雑誌などでも「手帳特集」が組まれるので、
ビジネスパーソンとしての関心が高いアイテムの一つだ。

そんな中、舘神龍彦さんと言う手帳評論家の勉強会に参加してきた。

テーマが「自作(手帳)」と言うこともあったが、
そこにはとってもディープなメンバーが集っていた。

既に日野以外は何度か顔を合わせている人たちばかりだったが、

「自分で紙を(紙屋さんまで行って)選び、コンテンツをエクセルやイラストレーターで作成し、さらに”綴じ手帳”として縫い上げてしまう」

「(革の)カバーを自作してしまう。」

などなど、まさに「手帳“匠”」の世界だった。

日野は手帳リフィルのアイディアとデザイン、監修はするが、
「製作」は業者に依頼している。

そこに集まってきた人たちは、何年も前からまさに
「自分だけの(世界で一つの)1冊」を持っている。

凄い世界だった。

マーケティングに言えば、これが
「(手帳)コミュニティ」だ。

このコミュニティは関心に共通点があるので、マーケティング的にも専門性が高くなるのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
(全部“自作”の作品です。)
画面上段、左から3番目が「MoreDream2011」だ。


サイズもまちまちだが、
そのコンテンツはとても素晴らしい
もはや“作品”ばかり。

まさに芸術品と呼べる手帳を拝見することができた。

自分の好きなテーマで出会った人たちとの勉強会も楽しくとても有意義な時間だった。













快晴@春の日曜日。
落ち着いた一日に来てくれて、ありがとうございます。



2011/4/26  8:33

投稿者:more

スキンのKさん、ありがとうございます。
遠くても動いていけば近づけます。


http://happy.ap.teacup.com/more/

2011/4/25  10:23

投稿者:スキンのK

「匠」と呼ばれるようになりたいですね。
道はとういな〜〜。
ありがとうございます。

2011/4/25  8:34

投稿者:more

イベリコ中島さん、ありがとうございます。
自分にとって「高価値」なんですね。



クロ海さん、ありがとうございます。
手帳への思いはそれぞれ強いですね。




shinolaboさん、ありがとうございます。
メンバーはとっても濃かった。


michi_k1188さん、ありがとうございます。
無限にありますよ。

ピンクのサイさん、ありがとうございます。
発想ではなく実践ですね。



mamebouさん、ありがとうございます。
もっと極められそうです。




http://happy.ap.teacup.com/more/

2011/4/24  13:43

投稿者:イベリコ中島

システム手帳A5判(レフィルはBindex)
用の革カバーをハンズで名入りで買って
早6年。その頃の私には高価でしたが、
効果あって、それで稼がせて頂いてます。
ありがとうございます。

2011/4/24  11:10

投稿者:クロ海

大好きな世界です!

「more手帳」に出会う前は大学ノートにイラスト入りの手帳モドキを作っていました。

ミシュランのロゴ入りの使い込んだ、革のカバーの手触りが良さそうですね!


2011/4/24  10:48

投稿者:shinolabo

写真素晴らしいですね!圧巻です。
手帳にこだわるビジネスマンは仕事もスマート
にこなすイメージがあって、恰好いいです。

http://ameblo.jp/shinolabo/

2011/4/24  10:04

投稿者:michi_k1188

手帳は予定を記入する為に使っています。
実はもっと使いこなす術があるようですね。
自分が使いやすい手帳を作ってしまうなんて素晴らしいですね!

2011/4/24  9:34

投稿者:ピンクのサイ

(自分が使いやすいものが)「無ければ創ればいい」って‥‥素敵な発想だわぁ。。。。

2011/4/24  9:30

投稿者:mamebou

これが「極」でしょうか。
こんな粋な時間を持つことが実は大切なことだと思いました。
ありがとうございます。

http://www.mamebou.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ