2010/9/22

やめてみる。<3,303本目>  ひとりごと

普段何気なく毎日持ち歩いているモノをちょっと見直してみるといい。

カバンの中を整理するのにも役立つし、要らないモノを捨てることもできる。

例えば、一番身近なアイテムとしては、携帯電話だろう。
電車に乗れば7割以上(日野リサーチ)が着席しても携帯電話を操作している。

音楽やポッドキャスティングを聞いているのかもしれない。
メールを打ちこんでいる感じにもゲームをやっている感じにも見える。

どちらにしても“いじって“いる。

ビジネススタイルにもよるが、どれだけ携帯電話を持たないで通用するか実験してみると、案外通話をしなければならない場面は多くなかったりする。

携帯電話がないと“なんとなく不安”なだけで、実際にはそれほど緊急性が高い要件はないことに気がつく。

前もって予定をしておけばほとんどのことは足りる。
むしろ無駄に使っているのかもしれない。

「いざという時のために」ということもあるけれど、
持ち物が多すぎて、
あるいはやることを抱えすぎて、肝心なことが見えていないことがあるかもしれない。

その方が危険である。

やめると新しいことに気がつくチャンスでもある。











晴れ@TBC(豊橋ブレックファーストクラブ)出席。
きれいな青空を見ながら来てくれてありがとうございます。



2010/9/22  8:52

投稿者:tomato

やめることで時間も気持ちも余裕が生まれます。
新たなことにチャレンジできるチャンスも生まれてきました。


http://blog.livedoor.jp/hokuriku_career/

2010/9/22  8:13

投稿者:イベリコ中島

すごい力を持つ魔法使いが世の中から
魔法で1日だけ携帯電話を消しちゃったら
どんな事が起きるかな〜?
誰も持ってない時があったはずなのに
その頃の、のどかさにはもう戻れないね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ