2010/8/19

「熱中」時代。<3,262本目>  ひとりごと

連日の猛暑で、日本全国各地で熱中症になる方が増えている。

救急車の搬送が2ヵ月半で3万人を超えたとのニュースも目にする。

炎天下でのお仕事の人や外回りの営業など十分に注意が必要だ。

ただ、この“熱中”は今まではどちらかと言えばかなり好意的に使われて気がするが、最近はすっかり“悪者“の雰囲気だ。

何かに熱中することは素晴らしいことで、グググッとのめり込むぐらいに
モノコトに集中する時期や時間があった方がいい。

ところが、傾向として
「そんなに必死にならなくてもいいんじゃないのぉ?」
「”ゆるく”行こうよ。」

のように真剣になることや1点に集中して継続することに対してあまり取組まない姿を見かける。

かなり前(数10年)のTV番組で「熱中時代」という水谷豊さん主演のドラマがあったと記憶しているが、
テーマはタイトル通り、
”何かに対して愚直なまでの必死な取り組み”だったように記憶している。

自分の挑戦したいことにある時期集中的に“熱中”する。
するとその次のステージが見えてくる。

熱中する時期がなく、”ゆるい“状態ばかりでは、まったく引き締まった感じがしない。

どこか無責任な感じもして、それをカッコイイと勘違いしているとしたら、滑稽だ。

結局、いい結果も生まれない。

自分が“ビジネス(ライフスタイル)の熱中症”になれるだけのことがあることは素晴らしい。











あら、エッサッサァ〜@安来から米子。
意欲を持って毎日過ごしていますね。来てくれてありがとうございます。



2010/8/20  5:54

投稿者:more

ひろしくん、ありがとうございます。
理論の習得とトレーニングでしょうね。



クロ海さん、ありがとうございます。
キャラが違うので踊りません。
踊るなら東方神起です。

こあっちです!さん、ありがとうございます。
当然です。


takecさん、ありがとうございます。
反省の次が行動です。



tomatoさん、ありがとうございます。
それは良かった。


スキンのKさん、ありがとうございます。
自分が良かったでいいんでしょうね。


Junco☆あなたの印象アップアドバイザーさん、ありがとうございます。
一直線ですもんね。


ゼミ性 Kenさん、ありがとうございます。
遊んで〜。



shinolaboさん、ありがとうございます。
それがいい!



http://www.more8.com/

2010/8/20  0:18

投稿者:ひろしくん

訂正します。

誤 人前で話すひとが苦手ですぅ。

正 人前で話すことが苦手ですぅ

文書も噛んでしまいました。



http://blog.ap.teacup.com/1126/2.html

2010/8/20  0:15

投稿者:ひろしくん

僕は、話をしていてよく噛みます。

どうしたらそんなにスラスラ話せるんでしょうか?

僕は、人前で話すひとが苦手ですぅ。



http://blog.ap.teacup.com/1126/2.html

2010/8/19  15:18

投稿者:クロ海

熱中症より“低温やけど”するタイプです。

安来から米子へ 〜 って先生こそ熱中症にお気をつけ下さいませねー。

この機会にどじょうすくいを教わって、是非忘年会でお願いします。
お願い!!

鼻に五円玉で「カトちゃんぺ」っがミソですから・・・。


2010/8/19  15:15

投稿者:こあっちです!

COOLにいこうよ!

2010/8/19  11:38

投稿者:takec

今日の内容は、私にとって耳が痛いです。
暑さを理由にONの時でもダラけています。
反省 反省。

2010/8/19  11:28

投稿者:tomato

多分熱中症です。
涼しくなっても続く予定です。

2010/8/19  10:28

投稿者:スキンのK

だから、昔のドラマや音楽が今になって評価されブレイクするんでしょうね。
昔はよかったとはいいたくないですが、今はちょっとね、、、、と思うことはよくありますね。
今に流されないように気をつけます。
ありがとうございます。

2010/8/19  7:39

投稿者:Junco☆あなたの印象アップアドバイザー

今、かなり熱中症です。
そして熱しやすく冷めにくいです。

http://ameblo.jp/color-lapislazuli/

2010/8/19  7:11

投稿者:ゼミ性 Ken

おはようございます。仕事も遊びも趣味も何でも熱中できる事がいいですね!ハリのある
毎日がおくれます。ありがとうございます。

http://kenken415.blog91.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ