2010/2/27

ホテル選び。<3,039本目>  ひとりごと

年間で100泊近く宿泊出張するので、
ホテル選びには一定の基準を持っています。

一つは、宿泊後のコトを考える立地であることです。
翌日のスケジュールによって選択は変わってきます。

翌日すぐに移動しなければいけないため、駅の近く(徒歩1分)を選択しました。
常宿のホテルチェーンは駅まで徒歩6,7分かかるのと、天候が雨であることが予想されたのでその負担を軽くしたわけです。

出張の荷物が多い時は数分の徒歩の違いが随分と負担になります。
常に「軽さ」を意識している理由もそこにあります。

そこで気がついたことがあります。
ホテルのグレードと歯ブラシの関係です。

アメリカのホテルでは歯ブラシなどは置いていませんが、
日本国内では歯ブラシがあります。

洗面所(バスタブ)などの広さとも比例しているような感じですが、
宿泊料金がお値打ちなホテルは歯ブラシのブラシが固いもしくは粗い感じです。

My歯ブラシも持っていますので併用していますが、慣れない歯ブラシは早歯茎もちょっと戸惑っている感じもあります。

歯磨き中の数分間でいろいろなことも考えイメージやシュミレーションも膨らみます。

この時間も好きで大切にしているひとときです。











曇り@金沢→名古屋→豊橋。
寝坊の土曜日ですか?
来てくれてありがとうございます。




2010/2/28  13:50

投稿者:more

クロ海さん、ありがとうございます。
それもいいですね。


Juncoさん、ありがとうございます。
着眼点がいろいろありますね。


みなかた石転さん、ありがとうございます。
それが楽しみなんですね。


スキンのKさん、ありがとうございます。
何でも勉強素材です。


ピンクのサイさん、ありがとうございます。
あり得ません。


tomatoさん、ありがとうございます。
何始めるんでしょ。


kingkangさん、ありがとうございます。
接客も商品です。


しるばーらびっとさん、ありがとうございます。
Twitterに早速チャレンジ素晴らしいです。


CORE222.IPHONEさん、ありがとうございます。
お湯でない時あるね。


能登のにこにこ夫婦さん、ありがとうございます。
価格はあんまり関係ないなぁ〜。



19喜ゼミ長さん、ありがとうございます。
そのひらめきは何だろう?


http://www.more8.com/

2010/2/28  6:23

投稿者:能登のにこにこ夫婦

和倉温泉にもEDLP温泉旅館が登場します。

今日もありがとうございます。

2010/2/28  2:44

投稿者:CORE222.IPHONE

海外のホテル選びは
お湯が出るかどうかですね。

水なら安いよと、
良く言われます。

2010/2/27  20:23

投稿者:しるばーらびっと

 ホテルの歯ブラシは重宝しております。
 一本一本ソフトに磨くのにはホテルの歯ブラシが私にはぴったりです。
 tuitter昨夜設定しました。
少々難ありですが。
さてどう使うのか???

ありがとうございました。

 

2010/2/27  14:54

投稿者:kingkang

歯ブラシも快適さの一つですね。
値段に比例はしますが、細かい心配りはキモチ
の良いです。

http://ameblo.jp/subphy

2010/2/27  12:06

投稿者:tomato

いつも気づきをありがとうございます。
身の回りの様々なことから、考えたり、学んだりすることはできるんですね。

忘れていたことを思い出しました。
そして、今日から取り組んでいます。

http://blog.livedoor.jp/hokuriku_career/

2010/2/27  9:39

投稿者:ピンクのサイ

私の場合、お値打ち、風呂が広い、繁華街から近い‥‥。やはりカプセルホテルで十分ですね!

2010/2/27  9:28

投稿者:スキンのK

おはようございます。
目の前にある「歯ブラシ」についても考えてみる。
いいですね〜〜。
大好きですよ!そーゆーこと!
またまた、刺激になりますね。
ありがとうございます。

2010/2/27  9:20

投稿者:みなかた石転

石転のビジネスの宿泊選びは、
プライベートの夜”退屈しない”様に、
飲食街が近くにあることも重要なポイントで・・・
不謹慎でしょうか?
ありがとうございました。

http://sekiten.hamazo.tv/

2010/2/27  9:05

投稿者:Junco

出張の時のホテル選び。
私は朝食、綺麗さ、広さ。

http://ameblo.jp/color-lapislazuli/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ