2010/2/5

変えることと変えないこと。<3,013本目>  ひとりごと

老舗の味は「変えない」。
その味を何十年も何百年も守り通しているからこそ、お客様の支持を受けることができる。

ただその提供の仕方は時代の流れの中で「変える」。
老舗の味を伝える方法は何十年前とは随分と変わってきているはずだ。

その情報発信の方法はどんどん「変わる」。

モノゴトの現象を、単なる「変化」などという言葉でとらえてしまえば本質は見えてこない。

どのように「変わって」「化けている」のかを見極めなければならない。

そのためにはどうするか?

やはりそれには“勉強”が必要なのだろう。

老舗の味を守り通すためには、品質を高めるための“勉強”(=研究)も必要だろうし、マネジメントも必要だ。

学びがないところの次のステージは見えてこない。

周りに流されて「変わってしまった」ジブンがいるのなら要注意だ。
でも、それも周りのせいにしているうちは永久に進歩も望めないだろう。

何も不便も困ったこともないじゃないか。
磨き上げる、絞り上げる引き締まったカラダと精神を作り上げることが生きる使命だ。

カラダもビジネスも、たるんだぜい肉をそぎ落とす「変化」こそ望まれるのだ。

「変われる」のはジブンだ!











晴れ@夜は金猿くらぶ第70回。
週末ですね、いつも来てくれてありがとうございます。





2010/2/8  9:21

投稿者:more

kingkangさん、ありがとうございます。
10月15日か22日のいずれも金曜日です。

http://www.more8.com/

2010/2/8  8:57

投稿者:kingkang

早くからのお誘いありがとうございます。
とても嬉しいです!
18周年記念の頃には、昨年より成長した姿を見
せられるように努力を続けます!!

http://ameblo.jp/subphy/

2010/2/8  8:38

投稿者:more

sakakkieさん、ありがとうございます。
トレーニングは必要ですね。

http://www.more8.com/

2010/2/7  23:58

投稿者:sakakkie

>磨き上げる、絞り上げる引き締まった
>カラダと精神を作り上げることが生きる使命だ。

こう思って生きるプロセスに
成功とハッピーがあるのでしょうね!
ありがとうございます。



http://sakakkie.jugem.jp

2010/2/7  7:41

投稿者:more

出席番号12、coredreamさん、ありがとうございます。
そうだねー、きっとその人は変わりたくないんだよ。



tomatoさん、ありがとうございます。
何を変えるんでしょうかね。




能登のにこにこ夫婦さん、ありがとうございます。
どういたしまして。


しるばーらびっとさん、ありがとうございます。
その視点は大切ですね。



Kingkangさん、ありがとうございます。
また、10月の「18周年記念」に参加してください。



Juncoさん、ありがとうございます。
コアが大切だね。



スキンのKさん、ありがとうございます。
諦めないことですね。


みなかた石転さん、ありがとうございます。
どんな勉強でしょう。


http://www.more8.com/

2010/2/6  10:15

投稿者:出席番号12、coredream

変わったと言って、
変わって無い人ばかり、、、

心底変わってないのです。

変わったなら
驚かれるぐらい変わらないと。

何かが残ってるなら
まだまだ変わってないですね。

http://core222.blog.so-net.ne.jp/

2010/2/5  23:20

投稿者:tomato

最初は、周りに流されて変わってしまってもいいのでは?
それを受け入れて、勉強し、更に変化する。

毎日の変化を楽しみながら自分の意思で変わっていきます。


http://blog.livedoor.jp/hokuriku_career/

2010/2/5  19:43

投稿者:能登のにこにこ夫婦

今日もありがとうございます。

2010/2/5  18:51

投稿者:しるばーらびっと

きょう、名古屋東別院近くで/今の本 昔の本/の看板を出している書店を見かけまた。
/新刊・古本/よりは何か新鮮味を感じました・・・。
伝える、手渡す/時のポイントは新鮮味でしょうか・・・
ありがとうございました。

2010/2/5  13:21

投稿者:Kingkang

金猿くらぶ第70回おめでとうございます。

今日は刺激を受ける為に、ビジネスフェアに参
加しています。
ちゃんと売れるように、頑張って楽しんできま
す。

http://ameblo.jp/subphy/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ