2006/9/24

はがきを書く  万年筆

決してがきれいな訳でもないのですがハガキを書き始めて3年ぐらいになります。
もともとが万年筆の魅力に取り付かれて中学校以来の万年筆を手にした時から始まった。

最初の1本は「さちよスマイル」の竹内文具店さんで購入したものだ。これは極太で太い文字はチョッと筆のような雰囲気も出るしインクの濃淡が出てこれはこれで味がある。

そんな時、今のハガキの背面(実際に私が使っている何年筆の写真が載っているでしょ)にあるスイスのカランダッシュ社の「アイバンホー」シリーズをいただいた。そして、最近持ち歩いているのがウォーターマン社の「カレン」(ロイヤルヴァイオレット)です。

万年筆を使う場面は日常的には実はあまりない。それでお会いしてもう一度お会いしたいと思った方や状を中心に「ハガキを書こう」と思い立ちオリジナルハガキを作ってしまったのだ。

今のオリジナルハガキはバージョン2です。残りも数十枚になってきましたが、ひとつのバージョンが500枚セットなので今までに1,000枚近く書いたことになります。
バージョン3をそろそろデザイナーと打合せをしないとなぁ〜。年内には間違いなく新しいハガキをお見せできると思います。またその時はお知らせしますね。

でも、いいよ、万年筆。
インクの色もいろいろあって楽しめますよ。



2006/9/25  8:30

投稿者:more

中村隆志さん、お初です。(あと3週間よろしくお願いしますね)

じつはmoreもシャーボなんです。3色ボールペンもシャープと一体型(4アクションタイプ)をインクをアレンジして使っています。

これからもコメントを投稿してくださいね。

http://www.more8.com/

2006/9/25  0:01

投稿者:シルバーラビット

今晩
今朝は寒いぐらいでした。
風邪などひかないようにご用心下さい。
先生から頂いたお葉書手元にあります。
温か味がありますね。
〜ありがとうございました。
こ−えつさん頑張っておられますね!


2006/9/24  23:29

投稿者:中村隆志

追伸!
>。当時(昭和40年前半)上野の:::( ^^)T ::: アメ横に中国製のすごく安い万年筆がありました。名前は忘れましたが。

思い出しました。
万年筆の名前は「英雄」だったと思います。
古き良き時代でした。

2006/9/24  23:19

投稿者:中村隆志

万年筆大好きでした。でも、使ったのは、大学時代まで、いつのまにか、シャープペンシルに替わってしまいました。
懐かしいですね。パイロットが一番好きでした。モンブランやシェ−ファーは使いにくかったし。当時(昭和40年前半)上野の:::( ^^)T ::: アメ横に中国製のすごく安い万年筆がありました。名前は忘れましたが。
料理人は良い包丁を持ちたいと言います。私も最近はシャーボ専門ですが、物書きが多い仕事として、筆記道具も良いものを持ちたいですね。

2006/9/24  23:19

投稿者:中村隆志

万年筆大好きでした。でも、使ったのは、大学時代まで、いつのまにか、シャープペンシルに替わってしまいました。
懐かしいですね。パイロットが一番好きでした。モンブランやシェ−ファーは使いにくかったし。当時(昭和40年前半)上野の:::( ^^)T ::: アメ横に中国製のすごく安い万年筆がありました。名前は忘れましたが。
料理人は良い包丁を持ちたいと言います。私も最近はシャーボ専門ですが、物書きが多い仕事として、筆記道具も良いものを持ちたいですね。

2006/9/24  12:47

投稿者:こーえつ

ハガキのバージョンアップ楽しみっす(*^。^*)
昨日の講義はありがとうございました。僕の中には、今、組み立てなければいけないプラモデルがあります(先生はレゴを例えにされていますが・・)
それには「MOREな説明書」と、情熱という名の「MOREな接着材」が必要です。昨日で組み立てるべき"輪郭"が見えてきました。
先生の講義を受けるとアイデア(小さいものから大きいものまで)があふれでてきます。
だから、今日は大忙しです。また、来週お願いいたします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ