秋田県北部日本海沿岸の能代市に住んでいます。
酪農に携わりながら趣味でドライフラワーを作っています。種を播いて、花を収穫し、乾燥させて、リースなどを作っています。

2012/2/25

我が家のあの日あの時。  思うこと

あの大震災からもう1年です。未だ復興には程遠くそれでも、いっぱい頑張っています。
あの日、仙台に住んでいた娘はたまたま帰省していて帰ろうとしていました。停電し電話も通じません。学校は、住んでいる部屋は、友達は・・・・ようやく仙台行きのバスが出て、カップ麺やら真空のご飯などバックに目いっぱい詰めてまだ余震が続く中送り出しました。
友達のおじいさんが津波の犠牲になりました。
我が家は停電で、牛たちの水ももちろん搾乳も何もできなくなりました。
今思い出しても胸が苦しくなります。
朝の搾乳が6:30ぐらいで、夕方は5:30からです。いくら待っても停電したままで、夕方の搾乳は午前2:30ごろでした。同じ酪農家の搾乳が終わった後発電機を借りてきての作業でした。あの時の牛たちの悲痛な泣き声は忘れられません。電気が回復しても水が出ません。ポンプが故障です。水道屋さんは部品が宮城県のほうから取り寄せになるので、いつ来るかわからないと言いました。何しろ牛たちはすごい量の水を飲むので本当に困りました。少し離れた部落の消火栓の水を分けてもらってタンクにくんで運びました。それを近所の人が見て、家の水をと言って下さり直接ホースをつないで分けていたいただきました。隣からホースを借りて40メートルぐらい離れているでしょうか。ポンプが直るまで数日間水をもらいました。みんな助けていただきました。そして、何とか頑張れました。
放射能汚染もなく今こうして牛たちと共に元気でいられることはどんなに幸せか。
牛たちを置き去りにして、避難しなければならなかった酪農家のことを考えると、本当に胸が張り裂けそうになります。
今原子力が動いているところは1か所。それも4月には点検のために停止されるとのこと。
果たして電力は大丈夫なのか。発電機を用意しなければならないのか。。。
あれから1年。また大きな地震が来ると言われていますが、災害が起こらないことを祈るのみです。
1



2012/2/27  15:40

投稿者:のんママ

とよこさん、こんにちは。
大盛況のうちに無事終わり良かったですね。お疲れ様でした。

こんなに広範囲にわたっての大災害は今までなかったと思います。
だから国民が一丸となって支援していくのは義務だと面ます。ただそれがきちんと形になっていればいいのですが、良くわかりません。消費税を上げるのではなく復興支援税とかの名目で徴収するとか・・・・
各個人の金額がわずかでも、国民の負担にならない額を10年でも20年でも。
沖縄のことにしても「ていねいに説明してご理解を頂く」そればっかり。
決断力も行動力もない。がっかりです。。

http://happy.ap.teacup.com/momo888/

2012/2/26  18:08

投稿者:とよこ

こんにちわ〜
クラフト教室 おわりました〜
ありがとうございました。大盛況でした!

あの日まで、数日。早いです。政府は何をしてる??
与党、野党と言ってる場合じゃないでしょうが!!
と。私は兵庫の田舎で 一人地団太踏んいます。
消費税 あげてでも 助けなくっちゃ。政治家なんてのは、結構なおうちの僕ちゃん?? 下々の生活なんて、知らない?わからない? 地震の静ではないけれど、餓死なんかも浮き上がってきてる・・・悲しすぎる。

被災地のそれは 悲しく 悔しく 腹立たしく・・・
でも 無力。スモックでは割り切れない場面もあったけれど、基本は支援の気持ちは 更に膨らんで・・・
今の生活 ありがたすぎ。 これからどうするか・・・
いい方法 ありますか?

http://lavender-farm.no-blog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ