【 令和四年 弥生  2022年 3月の朔望 ☆ 満月= 18日  *           

2015/8/15

終戦記念日 と お盆のお参り  日々の出来事

  今年は
  敗戦から70年ということで、
  *安倍談話*がニュースで話題になっています。

  そして

  今日は終戦記念日です。

  戦争体験者(私たちの両親が最後くらいかと)が
  高齢になり、体験を聞くことも少なくなりました。





  今日は朝からおじゅっさんに来て頂き
  恒例の家族でお盆のお参りを済ませ、
  近くのお店に食事会に出向きその場解散。

  義母の退院祝いも兼ねていたので、賑やかな会となりました^^


  満腹で家に戻り

  久しぶりにゆっくりと、テレビ観賞〜(笑)



  高校野球もさることながら
 
  戦後70年ということで、たくさんの特集番組がありました。
  
  「みんなで考える戦後70年」
  芸能人(ほとんど吉本の芸人さん?)の方が
  祖父母や両親の戦争体験を知り、自分のルーツを探ったり
  あらためて、
  体験者の思いを感じ取ったりと良い番組になっていました。


  「私たちに戦争を教えて下さい」
  若手の芸能人の方たちがそれぞれの地へ赴き
  体験を聞き、体感し、
  こちらも観ていて、グッとくる番組でした。

    
  偶然ですが、
  私のように、
  これらの番組を観られた方は、どれ位おられたのかな?

  

  

  日本がしてきたこと。
  そして
  されたこと。

  敗戦し、
  はじめて感じた屈辱や苦しみ哀しみ・・・

  
  70年の時が過ぎ

  これまで知らなかった、知らされなかった真実など、
  語られることも多くあったような気がします。


  冒頭の、
  安倍談話のニュースについて

  お詫びや侵略、植民地支配、などなど
  いろんな文言がどうとかこうとか、
  一般市民(私)には解り難い問題ですが、

  中国も韓国も
  敗戦後の日本が味わった苦しみや哀しみを
  ずっと味わいながらの年月であるのだろうと思います。
  それゆえ
  根深いものがあるのでしょう。

  これらの語りは、それぞれ思想感があるので・・・・
  サラっと〜


  とにかく
  
  戦争とは、
  人間を人間とも思わず、ただ
  生き残るために殺し合う、残酷な行為であるという事。

  もう・・・10年もすれば、
  戦争で戦い、生き残った方々は(九十代)
  ほぼ皆無となることでしょう。

  それを思えば、
  今年の、戦後70年は、重い年なのだと感じます。

  
  番組の中での印象的な言葉・・・

  「怒りを愛に変える」


  
  あらためて

  
  今、生きている自分の存在が
  とても貴重に思える一日でした。
  
  こんな気持ちを忘れない為にも
  敗戦の日本を風化させてはいけないのだなあと感じます。
  

  観ながら、
  今は亡き、
  戦争体験者の父や義父、伯父や伯母のことが
  とても懐かしく思い出されました。


  先日我が家でも、

  義母の女学校時代のアルバムや交換日記など
  ちょうど70年位前の物を見せてもらい

  それはまさに☆宝物☆のような
  
  戦時中にも関わらず、
  義母の青春時代が詰まったものでした。
  


  
 
  久しぶりに長く、PC前に座りました(笑)

  そして

  まとまりなく、、長々と書いてしまいました。
  最後までお付き合いありがとうございました!

  機会を作り(写真を撮る(^^))

  義母の、戦時中における青春グラフィティ的〜
  画像を残したいと思います^^



  

  
1
タグ: 家族



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ