【 令和四年 弥生  2022年 3月の朔望 ☆ 満月= 18日  *           

2014/11/29

オリエンタルバンコク滞在記 最終2日目前半  微笑みの国 タイ




 11月4日 6時起床!

 7時からの一番乗りで〜朝食を済ませ

 AM 9時ー12時まで  

 チャーター船にて3時間観光に出発です♪

 (イメージ)
 クリックすると元のサイズで表示します



   クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 2度目の三大寺院の観光をこなしてゆきます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 

 チャーター船での停泊は、
 各船着場で下船する際、わずかな金額ですが自身で下船料を支払います。

 下船際に、船頭さんに「何分後に〜」と言えば時間に迎えに来てくれます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


 大汗をかきながらも、ベタな観光を済ませ〜^^

 今回是非とも行ってみたかったところへ 

 チャオプラヤ川から交差するノーイ運河に入り、直ぐの場所、

 (下調べでは、陸から行く場合はかなり歩いてゆくとのこと、
 リバーサイドステイを活用し〜
 是非とも船を利用して行きたい^^)

 近くには 死体博物館などもあります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 ということで、 

 ☆ 王室御座船博物館 ☆ を目指します♪

クリックすると元のサイズで表示します

 ここには、
 現在もパレード等で使用されている船が停泊を兼ね、展示されています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


 龍やナーガ 
 ガルーダではなく、
 バラモン教のブラフマー神の乗り物であるホンと呼ばれる聖鳥
 などなど、きらびやかな王室御座船の数々です。

 観光客は少ないです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 見上げているのは主人 どれだけ大きいか解りますよね〜
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 画像が下手なので臨場感無しですが(笑)、
 とても迫力ありました☆(満足♪)




 時計を指差し「何分後??」
 ここで待ってるから「適当でいいよ〜」って感じでした^^

 ここでは、付近はどこにいく所が無いため
 船頭さんは停船待機してくれています。

 
 「お待たせ〜」
 ふたたび乗船、運河に入ってゆきます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 ワット・スリスーダラムの裏側からを拝み〜^^ を  

 王宮あたりの船着場から観光船も出ているようですが
 後調べですが、このあたりから折り返すようです。   
クリックすると元のサイズで表示します


 では〜
 チャーター船ならではの 運河散策に出掛けます。

 クリックすると元のサイズで表示します

 水道管?もこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
 
 どんどん川幅が狭くなってゆきます。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 観光地にはなっていない?水上マーケット
クリックすると元のサイズで表示します


 水上家のサイド、屋台のようです。
  船頭のおじさん〜少し待ってねって感じです(多分〜^^)
 お昼ごはんを買うようです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

なんと〜 私たちにも差し入れを買ってくれていました^−^
 (お腹壊さない??なんて少しよぎったことを反省(笑))
 とても美味しい餅菓子でした♪
クリックすると元のサイズで表示します

 この後、このお土産売りのおばさんが〜〜〜〜
 差し入れ頂いたこともあり(笑)おじさんの顔を立てて^^
 高めの象さんの置物をひとつ、お買い上げします〜
クリックすると元のサイズで表示します

 そうこうしているうちに、チャオプラヤ川に出ました。
クリックすると元のサイズで表示します
 もうすぐホテル付近です。
クリックすると元のサイズで表示します


 ホテルの船着場には予定通り12時過ぎに到着です。


  帰りの乗船中、
 軽くスコールに遭いましたが
 それがほてる体感温度を下げてくれて〜なんとも心地良く^^

 
 船頭さんとも心通じ(笑)とても楽しいひと時を過ごせました。

 ちょっと癖になりそうな☆お奨め☆です♪

 (チャター費用は 1時間800バーツでした)

 部屋に戻り、
 チェックアウトを一時間延長して頂いてたので(感謝)
 ゆっくりとシャワーを浴びて

 ジャスト〜1時♪ フロントまで。


 滞在 残り時間  8時間
  


  これで書き上げるつもりが・・・・・・・

  長くなりました。。。


  次回で 完結です〜

  もう一回お付き合いくださいませ〜(^−^)


2



2014/11/30  22:08

投稿者:sachiko

reikoさん、こんばんわ〜
方向音痴ですがなんとか(笑
ほんと船はいいですねえ。
でも、でも、
バンコクに行って、今更ながらですが
やっぱりバリはいい!(笑


2014/11/30  16:16

投稿者:reiko

さすが旅慣れていて、時間を有効活用! 中身の濃い情緒あふれる旅程ですね(^_^)
船が入ると何かモードが変わるものね。ステキ!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ