【 令和四年 弥生  2022年 3月の朔望 ☆ 満月= 18日  *           

2013/2/20

竹工芸の魅力展  東大阪市民美術センター  日々の出来事

 
  竹工芸のコレクションでは屈指の大分芸術文化会館が所蔵の工芸作品展覧会。

   初代早川尚古齋、初代田邊竹雲齋、飯塚琅かん齋、生野祥雲齋を中心に
   約50展の作品が展示されています。

   

  クリックすると元のサイズで表示します

   東大阪市民65歳以上は健康保険証があれば無料のようです。
   あいにく、65歳には届かず(笑)一人500円の入場料







   日曜日(17日)のお昼のこと。
   夫婦共々、体重増加に伴い(笑)たっぷり往復2時間〜
   東大阪市民美術センター(東大阪市吉田6−7−22)までウォーキング
   「竹工芸の魅力展」を観に出かけました。

   子供頃はこの付近に住んでいたのでとても懐かしく、
   様変わりした町並みにビックリでした!


   

  
 近鉄花園ラグビー場   
クリックすると元のサイズで表示します

 公園を挟んで向かいにある 東大阪市民美術センター
クリックすると元のサイズで表示します

 2階 展示室入り口
クリックすると元のサイズで表示します

 向かいの展示室での実演 (土・日のみ)
クリックすると元のサイズで表示します

 若い作家さんたちの展示即売も行われていました。
クリックすると元のサイズで表示します


   なんとも素晴らしい竹工芸(芸術作品☆)を鑑賞させて頂きました。
   実演もじっくり鑑賞☆

   日本の<竹>の魅力に触れさせて頂き&あらためて、
   日本人の器用さ、繊細さに脱帽です!


   地味ながら魅力ある展覧会でした♪

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ