【 令和四年 弥生  2022年 3月の朔望 ☆ 満月= 18日  *           

2009/2/14

 * St. Valentine's Day *  日々の出来事

  



   クリックすると元のサイズで表示します


           『愛』の日に寄せて


     日々の出来事が

     人生の一ページであるのなら

     静かに捲ってゆきましょう



     苦悩で心が張り裂けたことも

     しあわせをかみしめて微笑んだことも

     
     すべてが遠かりし日の出来事かのように

     遠くから眺められる余裕が欲しいな


     『愛』の深さも優しさも

     すべては自身の中にある

     少しだけ・・・・

     分かりかけては 又戻る

     人生の終わりまで それを繰り返すのでしょう



     『愛』とは 心は真ん中にあり

     下にあれば下心と言います。

     この前、ガッツ石松が言ってた(笑)

     うまいこと言うな、確かにその通りだね〜

     主人と笑った。


     『愛』には 見えない形があり

     模索しながら

     それを自分でこさえてゆく

     目には見えぬ姿なれど 

     瞼を閉じれば 不思議と感じられる気がする


     
     
     『愛』をたくさんくれる人

     『愛』をたくさんあげれる人

     『愛』をしっかり受け取れる人

     『愛』をしっかり受け止めてくれる人




     あと何年、

     ページを捲ってゆくのでしょう


     少しくたびれた首筋を眺めなら
            これも自分なのだといとおしむ


     
     いつもいつもたくさんの人に『愛』を頂いて
     
     本当にありがとう

     私にも少しだけ 心の余裕がございます

     軽やかな『愛』なら差し上げることが出来ます

     どうぞ、受け取ってください。











     少しだけ・・・・・

     周りに(身内)精神的に辛いことが起きたのですが
     何もしてあげれないもどかしさ
     ただただ 祈ることしか出来ないですが
     心労が出ませんように願います。
     
     



     
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ