【 令和四年 弥生  2022年 3月の朔望 ☆ 満月= 18日  *           

2008/8/20

三重県 鳥羽の旅 NO2  三重県 伊勢方面

 

 石畳の坂をテクテク遠回りして歩いて・・・(笑
 (お城までの近い道もありました〜)

 「あ〜〜暑いねえ・・・」

 なにやら建物が見えてきます。洞窟のようです〜

 「わあ〜冷房してる〜涼しいねえ♪」まるで天国です!

 左右にあるエスカレーターで上までルンルン
 イルミネーションが変化してキレイ〜
クリックすると元のサイズで表示します

登りきって下を眺めたところ
(近い道を行けばこのエスカレーターは登りませんよ〜)

クリックすると元のサイズで表示します

 洞窟を抜けるとそこは「ハビエル城」だった〜^-^

クリックすると元のサイズで表示します


ハビエル城博物館入口 
           中に入ると大きな人形達がお出迎えです
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 ハビエル城ゆかりの人物とは〜
 「フランシスコザビエル」だったのです!(スペイン語ではハビエルなんですね)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 500年以上も昔に
 キリスト教布教の為、
 自国を離れアフリカやインドやマラッカ各国へと向かうザビエル、
 日本では鹿児島に上陸、平戸や山口、比叡山にまでも行っている。
 
 スペイン村でザビエルを知ることになろうとは〜




 ハビエル城博物館を後に広場まで来るとちょうどパレードが♪
 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



 パレードも終わり、火照りを冷やすべくカキ氷を食べ
  預けていた戦利品を貰いに寄って〜
 「え。。もうお帰りですか???」・・・・
 なんて店員さんに言われながら
 「はい、充分堪能させて頂きました(笑)」

 スペイン村を後にしたのは午後2時前だった。


 
 さあ鳥羽までドライブ〜今夜のホテルに向かいます。
 



 次回は「日本のホテル」で ホテルのご紹介♪
 美味しい食事もカメラに収めてきました。
 旅の参考になればと思います。


0



2008/8/23  1:21

投稿者:sachiko

SHOKOさん、こちらにもコメントありがとうございます!
ご両親の体調も良くなられてよかったですね〜
そうなんですよ、久しぶりに伊勢まで〜
スペイン村ではフラメンコもありましたよ♪
テーマパークも閉鎖されるところも多く、
やっぱりディズニーランドには勝てないんですね。。でも中年組にはちょうど良かったです。(笑
SHOKOさんも三重まで来られたことがあるののですね〜
赤だし、そうですね、三重は中部ですが近畿と中部の中間なんで、赤だしのところも普通の味噌汁のところもあるようですね。

SHOKOさんもたまにはご主人とご旅行、いかがですか〜
昔の頃のような気持ちになれるかも(笑

又、大阪でお会い出来る時を楽しみにしてますね。

ストレスたまらないようにお手伝い頑張って下さいね〜
どうもありがとうございました。


http://happy.ap.teacup.com/momentary/

2008/8/22  12:04

投稿者:SHOKO

sachikoさーん、
いつも御付き合い有り難うございます。

地元で色々と地震の後始末など
して過ぎてまして〜
両親の体調もお陰様でよくなってきまして
もう少し実家通いが続きますが
こうしてお邪魔させて頂き、元気をいただいております。有り難うございます。
日本各地のご旅行の御話は
本当に元気一杯になります!

三重県のスペイン村なんですね。

フランシスコザビエル、布教活動は半端なことじゃなかったんですね。
スペイン村、日本じゃないみたいですねえ・・・パレードも見てみたいなあ。

三重県は四日市市と、津市に観光兼ねて
行きました。(大学の時に友人宅へ)
お味噌汁が赤だしだったのを鮮明に覚えていますよー。

日本各地 くまなく旅行して歩きたいなあ〜北国育ちのせいか
できたら北よりも南のほうがいいなあ〜。
大阪にそれこそ7月にお邪魔致しましたが
活気があって、大阪は大好きです。
頂きましたご馳走も
なんと豪華でそして美味しかったです!!
夜景もサイコウでした。

本当に時間が過ぎるとますます鮮明に
思い出され懐かしさと感謝の気持ちも
こみ上げてきます。
sachikoさんには暑い中に本当におせわになりました!

さ、今日もがんばります!
お邪魔しました!




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ