これまでの検査・治療経過はこちら

2006/6/15  18:15

リンパ球  病院

今日は、不育症検査の最終結果が出ました。

NK細胞活性、抗HLA抗体は問題なしだったのですが、
MLCが微妙だそうです。


ボーダーラインらしく、お医者さんが

「う〜ん。これからどう対処していこうかな。アスピリン飲んでもらおうかな」

とうなっていたのですが、MLCの微妙な値というのが気になって、

「えっ、MLCの方はこのままでいいんですか?」と聞いたら

「リンパ球免疫療法の4つの検査のうち引っかかったの1つだけだからね〜。う〜ん、でもギリギリと言ってもアウト寄りのギリギリなんだよね。やってダメな事は無いしやってみる?このくらいの値だとみんなやってて、ほとんどうまくいってるから。」

と言われ「夫リンパ球免疫療法」をやる事にしました。

これからは主人の血が必要になります。
・採血してもらい「感染症」の検査をしてから、

・2週間おきに3回「主人の血液から抽出したリンパ球」を注射
  私の場合は必要ないでしょうとの事ですが、
  心配な人は効果を確認するため、また「MLC検査」

・妊娠許可

・妊娠がわかったら12週頃まで2週間おきにリンパ球注射

だそうです。

基準になる値ってどれなんでしょう?
先生は30%って言っていたけど。
検査報告書を見たら
 AB血清(主人の血)   カウント値 7935 コントロール 729 SI 10.9
 妻血清(私のを入れる?) カウント値 9575 コントロール 1268 SI 7.6
 遮断抗体活性(cpm) -17.1%
 遮断抗体活性(SI)  43.4%
と書いてあるんですよね…。

どっちを30%に近づけるの?
上の値だと全然ボーダーラインぎりぎりじゃないよなぁ。
いろいろ聞いてこようと思ったのに、
やっぱりあの診察室に入ると余裕がなくなってしまう

妊娠解禁はまだしばらく先になりそうですが、
対処法は決まりました。
主人に説明して、早めに病院へ予約しようと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ