2005/7/15

大峯登拝  スローライフ

クリックすると元のサイズで表示します
7月10日午前0時、数時間の仮眠の後、起床。いよいよこれから登拝の始まりです。洞川温泉街のはずれにあります龍泉寺にて、白ふんどし一丁で禊ぎを行ない、身を清めます。

大峯山の修行の道は、山頂にあります大峯山寺の参道という事になりますので、その入り口に当たる参道口には山門があります。この山門の脇に女人結界門を示す石柱があり、これより先は女性の方の参拝はできない事になってます。

クリックすると元のサイズで表示します
まず、登拝のじゃまをしに来る「餓鬼」を祓う為、お菓子とお茶を供えて、供養します。そして、暗闇の中、山道をのぼり始めました。途中何回か、般若心経を唱えて山頂を目指します。

最初の写真は、頂上の大峯山寺についてへとへとながらホットしているところです。
クリックすると元のサイズで表示します
下山後の精進潔斎明けの膳を囲んでいる所です。みんなすがすがしい顔をしています。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ