2007/1/31

桧フローリング  現場DEルンバ

クリックすると元のサイズで表示します

皆さん、今晩は。一月も最終日31日となってしまいました。今年から現場で使用しました材料にスポットを当てて、ちょっと詳しくご紹介するコーナー「現場でルンバ」を書いていきます。皆さんのご参考になれば最高です。


まず第一弾、O邸の書斎の床に使いました、「桧のフローリング」をご紹介します。リフォームで今回床の張替えに使用しました。
使用した床板は、岐阜県産の間伐材から製材加工した床板で、節があります。中には死節(腐ったり、枯れてしまった枝を切った部分に出来た節で、硬くなり抜け落ちる事があります)がありますが・・・埋め木を入れて抜けない様に加工してあります。比較的安く手に入ります。

桧の特徴は、桧風呂でも知られるように耐湿・耐水性にすぐれています。その特性が腐食やシロアリの被害を防ぎます。住宅寿命を長持ちさせる建築材料としてまさに最適な素材だと思います。適度に硬く、肌触りの良い材料です。削ったり加工がしやすく、施工性もいいのが利点です。

桧は、鉋で一削りすると独特のいい香りを出します。以前にも書きましたが、この香りの正体は・・・、ヒノキチオールではなく、アルファピネンやボルネオールという精油分によるもので、人間には心地よいが、害虫や細菌には恐ろしく嫌な匂いらしいです。


価格を参考までに・・・

■写真の桧フローリングは、節あり(埋め木有り)・無塗装・
長さ:1920mm、働き巾:80mm、
厚み:15mmで、12,000円/坪です。

■節なし・上小節程度・オイル仕上げ
長さ:1900mm、働き巾:75mm、
厚み:15mmで、30,000円/坪です。





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ