南大沢せいかつ

ココはよいと〜こ〜 いちど〜は〜おいでぇ〜

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

自己紹介

なまえ:ひろ              すまい:南大沢            かぞく:よめひとり・むすめひとり  おきに:晴吉のつくね

過去ログ

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひろ
ゆみさん

コメントありがとうございます。
カセット付きテレビは初めて聞きました。(^-^;)
いまの10代は「ラジカセ」という言葉すら
知らない人が多いのではないでしょうか。
MD世代ですから。

録音ボタンのあの重み…ワタシも覚えています。
赤い録音ボタンと再生ボタンを同時に押さなきゃいけないのに、
再生ボタンしかうまく押せず、
録音したいのに、消したい音楽を聴いてしまう…
なんていう失敗も数多く体験しました。

いまではラジオやテレビから録音するなんてことは
誰もしないでしょうから
「あ〜録音失敗した!!」という
次にいつ録音できるか分からない
録音できないかもしれないという
落胆を知ることもないのでしょう。

そういえば昔はOAされる曲目が全て載ってる
FM雑誌が多数ありましたね。
なつかしい〜。
投稿者:ゆみ
いつも楽しみに拝見しています。
投稿なんて滅多にしないのですが、今回のお題には反応せずにはいられず…(*^^*)
ラジカセって、自分にとっては10代の象徴でした。
私は主にラジオからの録音に使っていたような。録音ボタンのあの独特な重みを押し込むときの緊張感。テープの残りチェックを忘れて足りなくなって勝手に巻戻っちゃったときの「やられた〜」感。
・・・今のティーンズには理解不能な感覚でしょうね(^_^;)そういえば受験勉強も「ラ講」な私でした(ひろさんと同時代でしたら光栄です♪)
そうそう、実家にはカセット付きテレビがあったんですよ〜今思うとレア?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ