2007/10/7

犬と私の10の約束  アニマル・キャラクター

デニから誕生日にプレゼントしてもらった本。
「犬と私の10の約束」。
まだ読んではいないんだけどね。デニからはこんなメッセージが。
「愛犬家からのプレゼントなのですが、読み終わるまで号泣しっぱなしでした。親子や家族にも置き換えられて当てはまる話です。幸せな一年を

最初に書かれている10の約束とは以下の通り。

1. 私と気長につきあってください。
2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3. 私にも心があることを忘れないでください。
4. 言う事を聞かないときは理由があります。
5. 私にたくさん話しかけてください。
  人の言葉は話せないけど、分かっています。
6. 私をたたかないで。本気になったら
  私のほうが強いことを忘れないで。
7. 私が年をとっても仲良くしてください。
8. 私は十年くらいしか生きられません。
  だからできるだけ私と一緒にいてください。
9. あなたには学校もあるし友達もいます。
  でも私にはあなたしかいません。
10.私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください。
  どうか覚えていてください、
  私がずっとあなたを愛していたことを。


これ読んだだけでじーんとした。

mikoには8歳まで飼っていて、フェラリアで死んでしまった「マル」という犬がいたので、この「約束」を読んで昔のことを思い出したよ。あれが最初に直面した「死」だったな。

ピコの助にもそのうち、動物を愛するやさしい気持ちを持ってほしいから、何か飼ってあげられたらいいなーと思っているのだけれど。ピコの助が生まれるまでは犬(コーギーか日本スピッツ)をいつも飼いたいって思っていたんだけど、ピコの助が産まれたらその気持ちが消えちゃったんだよね。全然気にしていなかったけど、赤ちゃんがほしかったのかなぁ。。

一冊の本でいろいろ感じることがあるね。通勤時に読み始めることにしよう。
クリックすると元のサイズで表示します

☆miko☆
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ