吉住さと子〜Music Note 2〜  古楽のお部屋

古楽器弾き語りを目指す声楽家 吉住さと子の
ちょっぴりマニアックな古楽のお部屋へようこそ!

ルームメートは、ルネサンス・リュートのゴレットさん、
   230歳のバロック・ギターのマストさん、
テオルボのテッちゃん、そしてスピネット、スッピー。

    みんなでワイワイ楽しく古楽してます♪

 

吉住さと子コンサート最新情報

2014年 3月30日(日)14:00開演 【音楽の宝石箱(1)】 北九州市立 響ホールリハーサル室

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Sarah
suupaasyuhuさま
オルガン(organ)ってね、『臓器』っていう意味もあります。
ホントに建物自体が体で、オルガンが鳴ると、大きな体の中にいるみたいに響いてきますよ。『セロ弾きのゴーシュ』by宮沢賢治に出てくる、チェロの中で『弾かれた』子ネズミになった心境です。いつか生のオルガンツアーに参加しましょ。
投稿者:suupaasyuhu
すばらしいですね。本当にちいさいころなんて出会ってたら人生変わるでしょう・・・でもきっと、私はいまだから出会えているんだろうなと
思います。見てみたいなあ・・・生で。
AutoPage最新お知らせ