「play groundって何ですか?」
日本からニュージーランドにやってきて間もない高校生に、こう聞かれた。
プレイもグラウンドも意味はわかるのだけど、プレイグラウンドというのがどういうものなのかがわからないのだそうだ。
なるほど。

プレイグラウンドというのは、いわば公園の遊具コーナーである。

クリックすると元のサイズで表示します


考えてみると、日本の公園の遊具は、公園の周囲に散らばっており、真ん中の開いたスペースで走り回れるようになっていたような気がする。そう考えると、日本の公園にはプレイグラウンドは付属していない。公園自体がプレイグラウンドぐらいの大きさしかなかったりもする。
私たちの子供の頃と違い、人口が増えた今では公園の中でも走り回れるスペースはすくないのかもしれない。日本の公園ではボール遊び禁止、犬の散歩禁止、そのうちに「公園内では走らないでください。」のようになるのかもしれない。


ニュージーランドの、それもロトルアの公園はとても広い。そして必ずと言っていいほど、土やコンクリートでなく広大な芝生となっている。
遊具は、公園の一部に固まって設置されている。その部分をプレイグラウンドと呼ぶ。

プレイグラウンドは、芝生でなく、木のチップや柔らかいゴムフロアが敷かれていたりし、子供が遊具から落ちても怪我をしないように配慮されている。
滑り台(=スライド)、ブランコ(=スイング)、うんてい(=モンキーバー)、なわばしご(ロープ)など、子供の心をくすぐるものがたくさん設置されている。

子供はみんなプレイグラウンドが大好き。
6歳5ヶ月になったうちの娘もしかり。
「プレイグラウンドに行く」というのは、おうちでテレビ観るよりもずっとスペシャル。
大人にとっても、無料で子供を遊ばさせられるプレイグラウンドは、財政面でも心強い味方なのである。

お天気の良い日、娘やその友達を連れてプレイグラウンドに遊びに行く。
文庫本を1冊持って。
子供たちがロープにのぼったり、サルのようにぶら下がったりしている横のベンチでポカポカと日向ぼっこしながら読書する。
なかなか、いい。
「ブランコを押してくれ」だの「こんなすごいことができるのを見てくれ」だの子供に言われるのが面倒だが、「しゃーないなあ」といいながらも、子供の背中を押してやったり、自分もロープにぶらさがったりして、「ひゃほー」などと言ってみるのも愉快。

クリックすると元のサイズで表示します
プレイグラウンドはここ、美しいタラウェラ湖のほとり


空が青くて山が緑で、両方がどこまでも広がっているから。
楽に大きく呼吸できる。
「ここに住んでいるんだな、ここに暮らせてよかったな。」と感じるのは、プレイグラウンドでだ、ということが度々あるように思う。



7



2012/6/11  7:32

投稿者:あひる

Rooさん
何でもない空の色とか、湖とか山とか丘が、はっとするほど美しいですよね、ニュージーランドは。
本当に日本に住むよりも心豊かに暮らせるような気がします。1年に1回ぐらい日本に帰るのが一番いいです。
日本のものはすばらしいですよねー。暮らすのはニュージーランド、たまに日本に帰る。いいなあ、それ。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2012/6/8  22:38

投稿者:Roo

わぁ〜、いいですよねぇ。
うん、大人も一緒になって遊べますよね。

それにしても景色が良い!
リタイアしたらNZが良いなぁと思ったのは
日本で暮らすよりも心が豊かに、上質な時間が
過ごせると思ったんです。
日本は物には恵まれているけれど、せかせかして
心は・・・疲れる事が多いです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ