Do'nt have to play together  気のまま雑記

写楽の通っている幼稚園に、2月の新学期から友達のフェイドラちゃんも通っている。
人気のある幼稚園なので、最低でも半年待ち。
ウェイティングリストに名前を載せて長く待っていたのだが、やっと順番が回ってきたと喜んでいた。

ずっと喜んで一緒に遊ぶのかと思っていたら、そうでもない。ほとんど一緒にいないらしい。
写楽は、外で虫を追いかけたり水遊びをしたりと泥だらけになって遊んでいる一方、フェイドラはすわって一人で教材であそんでいる。
まだ幼稚園に慣れていないせいもあり、そして年齢は園の中では上なのでプライドもあるのだろう、なかなか友達ができないようだ。


幼稚園の先生であり友達でもあるミッシェルに、「フェイドラと写楽は赤ちゃんのときから友達だったのに、幼稚園ではほとんど一緒に遊ばないの。おもしろいよね。」と世間話感覚で話した。

すると、ミッシェルは「モンテッソーリの教育方針で、園児達にはいつもこういっているの。」

"We are all friends at Hi Jinks. So we do not have to play together always, We are still friends even if we do not play togeter."

ハイジンクス幼稚園では、みんなが友達。でもずっと一緒に遊ばなくてもいいんだよ。一緒に遊ばなくても友達は友達。

なるほどね。
日本人はつい「みんな一緒に」「みんなと仲良く」を推奨するあまり、一人でいる子が寂しいんじゃないだろうかと懸念してしまう。
もしかして、寂しいのかもしれないし、そうじゃなくて一人でいるのがすきなのかもしれない。
いろんな子がいるからね。

この幼稚園では、一人でいる子に対し先生も「一緒に遊びなさい」とは言わない。
しかし、誰かがちょっところびでもしたら、みんながかけよって「大丈夫?」「見せてごらん」「絆創膏はってあげようか」と(寄ってたかって)心配して世話しあっている。
つい笑ってしまうが、とても心温まるいい光景だ。

「みんな友達。みんなで助け合おう。でも常に一緒に遊ぶ必要はないよ。遊びたいときに遊びたい子と遊んだらいいよ。一緒に遊ぶときには、ルールも楽しみも笑いもシェアしあうのだよ。」


いい幼稚園だ。
フェイドラの母であるメラニーが言っていた。
「すごいわ、この幼稚園。フェイドラの態度が劇的にかわった。1ヶ月でこんなに変わるとは驚いた。」と。
何かしてもらったときにサンキューを自然に言える。態度がやさしくなった。集中力がついた。...らしい。


幼い頃にどんな教育をうけるかは、思っている以上に大事なのかもしれない。
写楽は毎日、真っ黒の足にあざだらけ、えのぐだらけ、泥だらけで帰ってくるが、幼稚園が大好きである。
幼稚園から帰りたくないので、迎えにいくと毎回連れてかえるのに時間がかかる。
そんなに好きになってよかった。
フェイドラも幼稚園を好きになるといいな。そすればメラニーもうれしいに違いない。
きっと好きになる。
4



2010/3/15  10:05

投稿者:あひる

★kikiさん
メールありがとうございました。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2010/3/12  12:20

投稿者:KiKi

は〜、前途多難。

続きはメールします。

2010/3/10  11:01

投稿者:あひる

★らぐままさん
「みんな一緒に」「みんな仲良し」の光景をみると、ほっとしてしまう日本人な私は、一人ぼっちの子をみると寂しそうにみえてしまうのですが、そうではないのだと最近思うようにしています。一人が好きなのかもしれない。でも、もしかして寂しいのかもしれない。その寂しさをかみしめることも成長の過程だし、勇気をだして誰かに「遊ぼう」といえたらそれもまたすばらしいと。

ラグビー3兄弟は仲良しですもんね。どれほど泥だらけなのかと想像つきます。泥だらけ、汗だらけ、絵の具だらけって、なんだか幸せですよね。「よ〜遊んだんやなあ。楽しかったんかなあ。」と想像して。
「ひゃー、まっくろー!」とお母さん(らぐままさん)が叫んでいるのも、なんか幸せな光景だと思います。
写楽は昨日は、顔中、絵の具で緑色になって帰ってきました。アバターかと思った。顔色悪いんかと思いましたです。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2010/3/10  10:52

投稿者:あひる

★kikiさん
かわいいですよねえ、やつらは。ひとなつこくて天使みたいな子どもらやなあと思います。
みんなで一人の子に絆創膏を貼ってやってる場面に遭遇しましたが、おもしろかったです。「Can I have a look?」とみんなが順番にその子の傷をみて、「血が出てる!」と大騒ぎ。その横でリトルジャネットが私に一言。「よーく探さないとどこから出てるかわからないほどの血なのよ。」と。
10歳のおにいちゃんにおんぶしてもらった息子くん、うれしかったでしょうね。
心配してもらったり世話してもらったりするだけで痛くなくなりますもんね。

フェイドラは、「幼稚園どうだった?」とメラニーが聞くと、決まって「boring」と答えるそうです。前途多難です。楽しくなればいいのだけど。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2010/3/10  10:47

投稿者:あひる

★おやびん
はい、いい幼稚園です。トップの先生がものすごく素敵な人です。知的で物静かで優しく、でもダメなものはダメ。一貫性があります。流されません。だから、いいのかもしれません。
もし、写楽の幼稚園で誰かがひっぱって友達を連れて行こうとしたら注意されるかも。「○○はそうしたくないのよ。無理に誘ったらだめ」と。
幼児ってまわりをみて自分もそのように真似しますもんねー。写楽は生意気になりましたが、自分のことをまねされると「don't copy me」と文句を言います。おもしろいです。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2010/3/9  14:28

投稿者:らぐまま

一緒に遊ばなくても友達は友達。素晴らしい幼稚園ですね。普通に優しさが身についていくのですね。
NZにいる人はフレンドリー、ホスピタリティーに溢れていると主人が言っていました。小さい頃かの教育が関係しているのでしょうね。
お迎えしてもなかなか帰らない写楽ちゃん、わかります。我が家の3人も写楽ちゃんと同じでした。あまりにも泥だらけで帰りにお買いものなんて出来ませんでした。

2010/3/9  9:04

投稿者:KiKi

「よってたかって」っていう表現、まさにその通り!ですよね。
小学校もそうですよ。
より年齢差がはっきり出るので、もっと笑えます。
先日は、息子が石段から落ちたとき、年長の男の子が大泣きの息子を背負って、先生のところまで連れて行ったんだそうです。
ははは、目に浮かびます。
10歳くらいの男の子が6歳のちびっ子を助けるって、ちょっと珍しい光景のはずなのに、それがしっくりくる。
モンテッソーリはいいですよね。
そういう身についた自然な普通の優しさがステキだといつも思います。

1ヶ月でそんなに劇的に変わったんだったら、2ヵ月後には、毎日「楽しかった〜」っていうお話をフェイドラちゃんからきけるはず。
そしたら、メラニーさん、もっと嬉しくなっちゃいますね。

2010/3/8  11:54

投稿者:おやびん

子供の頃から自分で考えて行動させる、素敵な幼稚園ですね〜

うちの姪っ子は、周りの自己主張の強い友達に振り回されている感じがありますf^^;
遊ぶのが嫌だと言っても無理やり手を引っ張って連れていかれる事もあるみたいで、妹がヤキモキしています

幼稚園からそうして自由に遊ばせてもらえたら、また違うんだろうなぁ・・・

http://happy.ap.teacup.com/oyabin/

2010/3/8  11:02

投稿者:あひる

★づみさん
大人はつい「一緒に遊びなさい。仲良くしなさい」って言いたくなるんです。
ミッシェルがいうには、「子どもに『一緒に遊びなさい。』っていうのは、例えばあなた(あひる)が私(ミッシェル)に『あの人と友達になりなさい。』っていうのと同じことで、おかしいでしょ?それって。」だそうです。
言われるとその通りなんですよね。

京ちゃんも仁海ちゃんもだから絵が上手なんですね。好きこそものの上手なれ。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2010/3/8  10:57

投稿者:あひる

★ROOさん
1ヶ月でかわるもんですよねえ。孟母三遷の教えともいいますもんね。環境って大事かもしれません。スラムドッグミリオネアを観てもそう思いました。
小さい頃に何をみて何を教えられるかって大事ですねえ。
この幼稚園は教材で遊んでいる子がいたら、邪魔してはいけないんです。一緒にやってはいけない。その子が終わるのを待って一人でやりなさいと指導されます。何人かで一緒に遊べる教材は別として。徹底してますよね。興味深いです。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ