これがないと  気のままともだち

これがないともうだめ〜。
これがないと生きていけない。
そんなものはそんなに多くはない。
何がなくても人間生きていけるものだ。

これがないと生きていかれないというものなんか本当は少ししかない。


なくても死なないけど、なくても生きていけるけど、あれば気持ちが豊かになる。
あればニコニコうれしい気持ちになる。
そういうものはたくさんある。
お菓子とか、本とか、コーヒーとか、おいしいお茶とか。
そういう気持ちの栄養を与えてくれるものは、本とセットで楽しむことが多いな、私の場合は。

本とセットにはならないけど、単独で喜びやちょっとした贅沢を与えてくれるものがある。
それは、これ。


クリックすると元のサイズで表示します

三陸産のわかめ。そう、天下の「地もの」
このわかめを食べてから、他のわかめを食べたくなくなった。
このわかめを食べてから、私のわかめ感がかわった。
それまで、わかめなんか私にとっては、味噌汁などに彩りや添え物としてはいっているだけの存在だった。
「わかめね、ふーん」といった存在。
わかめうどんなどと、わかめがメインのうどんをわざわざ頼む人の気持ちはよくわからなかった。
わかめは髪もはえるし、ミネラルも豊富だし、身体の調子を整えるにはいいのだろうけど、「別になくてもいいなあ」という存在だった。
しかし、このわかめを食べてから、私の中でのわかめに対する意識改革が起こった。

柔らかいのに溶けてしまわない。
硬くないのに噛むと海の味がする。
このわかめを友達が送ってくれるようになってから、わかめをつかった料理が増えた。
酢の物やお味噌汁やうどんなど、なんでもこのわかめをいれるとおいしいのだもの。
ニュージーランドにきてはじめて食べた三陸のわかめ。
日本でスーパーで買っていた乾燥わかめはなんだったの?

わかめってこんなにおいしいのか。

なくなると友達に頼んで送ってもらう。
わざわざ、買いに行って、荷造りして、郵便局に持っていって、お金を払って送ってくれる。
そういう友達がいるということが、わかめの美味しさをさらに増すのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

わかめと一緒に送ってくれた日焼け止め。
これもすぐれもの。
よくのびる。べたつかない。さらっとしている。でもよくのびる。
もちろん、変なにおいもなし。そしてよくのびる。
写楽と一緒につかっている。赤ちゃんでも使えるんだって、この日焼け止め。
高校生グループがきたとき、生徒さんたちに貸してあげたのだが、「あ、あ、あ、そんなにたくさん使わんといてー。貴重な日焼け止めやのにー。」と心の中で叫んでいたセコイ私。


ありがとう。
3



2009/9/24  8:59

投稿者:づみ

三陸のワカメ美味しいよね
柔らかくて風味もあって

我が家も愛用しています

2009/9/24  8:56

投稿者:あひる

★sumiさん
ありがとうございます。本は大好きです。音楽も映画も自分から進んで聴こう観ようとは思わないのですが、家人が聞いていたりすると一緒に聞いていいねえ、これと言ったり。

三陸わかめ試してみてください。本当においしいんです。関西では鳴門わかめですよね、うん。
三陸のもおいしいですよ。

ニュージーランド人はわかめを食べませんねえ。お味噌汁にはいっているぐらいで。シーウィード(海の雑草)というネーミングもよくないのでしょうね。あ、でもこの三陸わかめで作った酢の物は非常に喜ばれましたよ。
わかめサラダ!いいですね。今晩はわかめサラダにしようかな。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/9/23  8:26

投稿者:sumi

本や音楽、それに映画とかは気持ちを豊かに
 してくれますね・・

無くてはならないもの・・
私は、さて急には浮かばないので、大したものは無いのかも知れません。

「三陸わかめ」ですか
関西では鳴門わかめが多いように思いますが
 目にしたとき三陸わかめを試してみます。

そちらでは「わかめ」を食べる習慣って有るのですか?
サラダに入ってそうですが・・?




http://kyoto.daa.jp/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ