新しいカタチの読み物  気のまま雑記

留学中の高校1年生の女の子が「ケータイ小説」を貸してくれた。
「読んでみますか?」と。


まず驚いたのが、横書きでしかも赤い文字。

クリックすると元のサイズで表示します


へぇー、変わってるねー。これが新しいスタイルなんやねーと読み出す。
中高生にすっごい人気なんでしょ?こういうケータイ小説が。
ケータイで読むんでしょ。
その人気のある小説のいくつかが本になった。
これは爆発的にうれて、ドラマや映画にもなった小説だという。


読んだ感想。
...ひどいね、これは。
これを小説を呼ぶのは、小説家に失礼だ。
まず文章が下手すぎてだんだん腹が立ってくる。
うまい文章って独特のリズムがあって、そのリズムにのれると心地よい。
いい文章には余韻がある。行間からただよってくる雰囲気がある。

この話には全くそれがない。

登場人物がペラペラすぎて、どういう性格なのかも全くわからない。
主人公はどんな生活の中でどんなことを考えているのかも全くわからない。レイプ、いじめ、自殺など衝撃的なことばかりが次々と起こり、主人公はその都度悲しみにおぼれ、それをいろんな男友達になぐさめてもらい、なぐさめてもらっているうちにセックスする。
なんじゃ、こりゃああああ!

これを中学生が読むのか。この話を読んで泣くのか。
180万部も売れてるのか。


男子がこっそり読むエロ本のほうが、直接エッチなだけまだわかりやすくていい。
これを小説とうたって、この本を読んで「感動した」と思っている女の子がたくさんいることは空恐ろしい。

公衆便所に書いてある卑猥な落書きのほうがまだウィットに富んでるものがあるぞ。
これを読んでなんだかため息が出てしまった。
これは娘には読ませたくないなあ。
これが簡単に読めてしまう携帯インターネット。こわいな。


もっとエロチックでもっとせつない恋愛小説たくさんあるのに。
私が、もっとええ本貸したるわ。
こんなん読まんときー。
週末に、何冊か貸してあげよう。とびっきりの恋愛小説を。
それを読んでもやっぱりケータイ小説のほうがいいと思うなら、「こんな本、便所の落書き以下」と言った私の暴言とりけすよ。

後日、雑誌で読んだ。
ケータイ小説だけは読まない!とこのかたちを嫌がっている若い子も多いらしい。
”こういうものを小説と呼ぶなと怒っている中高年層も多い”だって。
まさに私のことではないか。
でも、やっぱり私は思う。
ケータイ小説も読んでもいいけど、もっといい小説も読んだほうがいい。
若いときに読む本って、大事やで。人生の方向を決めるときに読んだ本が影響することってあると思う。




絵本のほうがもっとせつなくて泣けるやつあるねんで。
写楽に絵本を読んでやっていて、涙してしまうことがある。
このあいだ、写楽とはじめてカフェで二人でお茶したとき、小さい声で本を読んでやっていたら、不覚にも泣いてしまった。

泣かされた本は、これ。



クリックすると元のサイズで表示します
フランダースの犬。
くー、不覚。
ホットチョコレート飲んでる3歳児に「かあちゃん、泣かないでー。」と頭なでられてしまった。
フランダースの犬、読むたびに泣いてしまう。
ネルロという男の子が正直でいい子なのに、最後は死んでしまう。犬と一緒に。
かわいそうすぎる。
「マッチ売りの少女」「おにとあかんぼう」「みにくいあひるの子」もやばい。
昔はフランダースの犬やマッチ売りの少女では泣かなかったのに。
がんばってる子どもがかわいそうな目にあう話は、...あかん、泣けてくる。
ケータイ小説よりもフランダースの犬のほうが、私にとってはよっぽど涙する本である。
嗚呼、パトラッシェー。

3



2009/6/5  11:17

投稿者:あひる

★masuraさん
私、音楽全然わからないんだけど、気持ちのいい音楽って聴き終わったあとに独特のぽわーんとしたものが残りますよね、それが余韻なのかな。
masuraさんのピアノを聴いて、ぽわーんと酔いたいです。

太宰や夏目をケータイ用に、かあ。着眼点はいいですよねー。これで名作に触れる機会が増えるなら。でも、本はやっぱりインクのにおいを感じながら、紙魚がいたりしながら本で読むのがいいと私はおもいます。インターネットで小説読むのは、読書してる感じがしません。そんなことないですか?

masuraさんはどんな本読みますか?

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/5  1:59

投稿者:masura

そうそう、行間の余韻とか間が大事なんですよね。
音楽もそうだと思うんだけど、なかなか難しいです。笑

ケータイ小説は読んだ事がないのですけど、最近はその人気にのっかって、太宰治だとか夏目漱石等の小説をこのように横書きにして、表紙をモデルさんだとかイケメン俳優にして売り出しているらしいです。
それこそ、行間の余韻が・・・・・。

でも寂聴さんのケータイ小説は読んでみたいなぁ。

http://ivory.ap.teacup.com/masura/

2009/6/4  12:56

投稿者:あひる

★すなぴょんさん
読書すきなすなぴょんさんがどんな感想をお持ちになるのか、ぜひ聞いてみたいです。
お時間があれば図書館ででも借りて一度読んでみてください。
話の種に。
内容がないのでするするーとすぐに読めるのですが、おもしろくなくてだんだん読むのが苦痛になってきます。私は修行だと思って読みました。
そして気分悪くなりました。
こんなん書いたら余計に読む気がなくなりますよね。ごめんなさい。
お口直しに大好きな小説を用意してから読んでください。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/4  12:54

投稿者:あひる

★雅ハハさん
ハードカバーなんですよ、これが!千何百円もする。
けっ!瀬戸内寂聴さんのケータイ小説、読んでみたい。登場人物の内面どころか人物像もわからないんですよ、ケータイ小説。
あれはあかんわあ。

フランダースの犬とか、マッチ売りの少女みたいに、かわいそうだとわかっていてやっぱりかわいそうだったという話ではあまり泣かなかったのに、最近急にそんな話で泣けてしまって。おばちゃんの涙腺ゆるいってホンマですわ。



http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/4  12:50

投稿者:あひる

★ROOさん
何度読んでもおもしろくって、しばらくするとまた読みたくなる本ってありますよね。
私にとっては佐藤愛子さんがそんな人です。敬愛しています。

中島梓さん、若くで亡くなられて残念ですよね。もう新刊がでないかと思うとつらいですよね。

ケータイ小説。あんなの読むなら、良い漫画を読んだほうがずっとためになると思います。


ミナミナさんが食べ物について書いたの好きです。
自分が食いしん坊なので。おいしそうに書いてあってよだれが出そうです。


http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/4  12:46

投稿者:あひる

★ボンズール
いいこというよねー。
簡単になんでもできる世の中。簡単に人を殺したり自殺したり、いじめたりする人が増えるんじゃないかな、あんな本を読んで、何も考えなかったら。
あんなん読んでたら頭悪くなるわ。もっといろいろとなんでやろ?と考えるべきやんなあ、若者は。もちろん私もそうやけど。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/4  12:44

投稿者:あひる

★おやびん
気分が悪くなりますよ、ケータイ小説。なんじゃこりゃ!と思います。
とりごえまりさんの本買ってくれたんですね。ありがとうございます。
まりさんの絵は、暖かくていい色使いですよね。
とりごえまりさんの本で、「ゆめにでてあげたい」というのも泣いてしまいます。
フランダースの犬、子どもと動物と死。3つセットで泣かせるなんてあれは反則ですわ。


http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/4  12:41

投稿者:あひる

★ともぢさん
ごんぎつねも泣かせますよね。
百万回生きた猫もいいです。
ぐるんぱのようちえんもじーんとします。宮西達也さんチャンスがあったら読んでみます、ありがとうございます。


http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/4  12:39

投稿者:あひる

★Chiさん
ケータイ小説は携帯からインターネットにつなげて読むらしいので、文章が短く簡単になっています。
全然おもろしろくありませんでした。

幸福の王子は、最後たおれて死んでしまってツバメと王子のハートを天使が空に持っていくやつ?
小さい頃に読んだ本って、大きくなってからも忘れないよね。

髪の毛は、うちのは拭くのをいやがって大変です。いつも。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/6/4  11:36

投稿者:すなぴょん

ケータイ小説。。。
読んでみようという気すら、なかったけど
あひるさんの記事を読んで、さらにその思いは強くなっちゃうなぁ。

フランダースの犬は、ホントに泣けるよね。
パトラッシュが健気すぎて。。。うぅ

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ