プーさんの鼻(読書日記)  気のまま雑記

俵万智さんの歌集に、載っていたいくつかの歌。
写楽が赤ちゃんだったときのこと、思い出した。
胸が熱くなった。

ああ、そうだった、そうだった、と。

「ひざのうえに子を眠らせて短編を一つ読みきる今日のしあわせ」

「乳はときに涙にも似て子の寝顔見れば奥よりつんと湧きくる」

「目覚めればベッドの上のみどりごは足の裏さかんに上下させおり」

「記憶には残らぬ今日を生きている子にふくませる一匙のかゆ」

     俵万智さん著「プーさんの鼻」(文春文庫)より

写真を眺めても思い出さなかった、写楽の足の動きや、はじめておかゆをひとさじ食べたときのちゅぱっという唇の動きなど、歌の言葉とともによみがえる。


ソファーに座っておっぱいを与えながら、本を読んだこと。写楽が眠ってしまって、そのまま抱っこしたままで本を読みながら自分も寝てしまった。
だーと言いながら、指をぐーぱーしていた小さな「いなりずし」ほどの足。
おっぱいしか飲んでいないから、赤ん坊の息はあまいミルクのにおいがして、そのにおいをかぎたくて赤ん坊の口をくんくんにおってみた。

大きくなって裸足で走り回るから、写楽の足の裏は硬くなってしまった。
ふにゃふにゃのピンクの足の裏に戻ることはもうない。

写楽は私のことを「かあちゃん」と呼ぶが、小さい頃は「あーたん」と呼んでいた。
「か」の発音ができずに「あ」になってしまうため、「かめ」は「あーめー」だった。
そのことを写楽に話してやるとすごく喜ぶ。
「○○(自分の名)は赤ちゃんのとき、かーがいえなかったから、かあちゃんのことあーたん、あーたんって呼んでたのよー。」と父親に何度も報告している。


もう一度聞きたいなあ、あの舌足らずの声でいう「あーたん」
今となってはコヤツは「かあちゃんは、名前はかあちゃんだけど、中身はおばちゃん!」となどと言いよる。


甘い気持ちをよみがえらせてくれた俵万智さんの歌集。
読んでみてください。


今年になってから読んだ本、書いてみようか。
タイトルを列記すると、こんな本ばっか読んでるからこんな阿呆なおばはんになるのね、と思われそうな本もいくつかあって恥ずかしい。





今年は日記に読んだ本の名前をメモしている。
・ガンといきる 岸本葉子
・100万回の言い訳 唯川恵
・容疑者Xの献身 東野圭吾
・骨音 池袋ウェストゲートパークA 石田衣良
・さまよう刃 東野圭吾
・狂気という隣人 岩波明
・私は若者が嫌いだ 香山リカ
・ジェネラルルージュの凱旋
・山姥/冬の旅人
・いいことがたくさん起こる歩き方 デゥーク更家
・さてみなさん聞いてください 浜村淳
・無痛 久科部 譲
・いとしのヒナゴン 重松清
・RPG 宮部みゆき
・Are you happy? 矢沢永吉
・模倣犯1〜5 宮部みゆき
・芸能人という生き方 別冊宝島
・娼年 石田衣良
・悪魔が殺せとささやいた 新潮45編
・そして殺人者は野に放たれる
・長い長い殺人 宮部みゆき
・プーさんの鼻 俵万智
・東京DOLL 石田衣良
・烈火の月 野沢尚
・わが孫育て 佐藤愛子
・海外パックツアーとことん活用術
・ツイラク 姫野カオルコ


ミステリーが多い。
模倣犯は、読んだのはこれで5回目だが、傑作だ。
細部にわたる人物描写がすばらしい。惜しいのはラストシーン。
(模倣犯、読んだ人、感想教えてください。)
好きな本は、何度も繰り返して読んでしまう。つい先日、日本で購入して船便で送った古本がどっさり届いた。
読んでない本がたくさんあって、どれを読もうかなと眺めているときは幸せだ。
暖かい平和な部屋でミステリーを読めるというのは幸せだ。
心配事があったり、例えば戦争などで生きるか死ぬかというときには、ミステリーは読めない。
ミステリーにはらはらドキドキできるというのは、なんと幸せで恵まれた環境なのかということを忘れてはいけない。


ありがとう、夫。
本を買ってくれて、こういう時間を持たせてくれて。
0



2009/3/10  19:40

投稿者:にこ

答えていただき、ありがとうございました。
本当に参考になります。
また、質問してもいいでしょうか?
よろしくお願いします。

2009/3/9  3:22

投稿者:あひる

★にこさん
はじめまして。質問にお答えします。

>fashionやbeautyのお店は、ありますか?
あります。オークランドならたいがいの店はあります。ロトルアにはない店もあります。

>日本食や日本の本などが、買えるお店は、ありますか?
あります。オークランドなら日本の本も買えるでしょうが、高いです。ロトルアでは日本食は韓国デイリーで買えますが、日本の本は買えません。

>ニュージーランドに住んでいて、メリットとデメリットは、何ですか?
メリットはたくさんあります。のんびりゆったり人間らしく生活できるところ、自然に恵まれているところ、デメリットは、日本の本が買えない点、日本の図書館に行けない点、などでしょうか。日本の生活と同じような便利さを求めたらそれは無理なので、それをデメリットと感じる人もいるかもしれません。
日本にいずれ帰国する予定の人は、子どもの教育環境が日本と違うので、その点もとまどうかもしれません。日本の通信教育などもされているようです、

>人種差別は、ありますか?
幸いにも私はあまり差別されたと感じることはないのですが、多少はあると思います。

>ゆっくり?した時間を過ごせると聞きますが、どうですか?
ゆっくりした時間を過ごせます。贅沢な時間の過ごし方ができると思います。

あまりいい答えになっていませんが、ご容赦ください。



http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/3/9  1:10

投稿者:にこ

はじめまして。
質問があります。

fashionやbeautyのお店は、ありますか?
日本食や日本の本などが、買えるお店は、ありますか?
ニュージーランドに住んでいて、メリットとデメリットは、何ですか?
人種差別は、ありますか?
ゆっくり?した時間を過ごせると聞きますが、どうですか?

たくさん聞いて、すみません。
また、聞くかもしれません。
よろしくお願いします。

2009/3/7  5:00

投稿者:あひる

★走りかじり虫さん
本を読む時間って本当に幸せですよね。でも、読み始めるとすぐに寝てしまうというのもわかります。
本がぱたっと倒れて寝ていく瞬間が至福のときです。
走りかじり虫さんのように普段お仕事で頭脳や神経を酷使されているかたは、違う脳を使う読書というのは、頭を休めたり気分転換にとてもいいんでしょうね。
ニュージーランドにきて、友達から本を借りたり、友達が読み終えた本を送ってくれたりするようになって、自分ではきっと選ばないであろう本にも出会えるようになりました。

肉体的構造的な母と子の結びつき、ありますね、確かに。父親と子は、どうなんだろう?

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/3/7  4:39

投稿者:あひる

★ROOさん
大きな木の実ぐらいしかなかったこぶしが、こぶりのじゃがいもぐらいの大きさになって、今はネクタリンぐらいの大きさのこぶしです。
でも、ツルツルスベスベで、ついスリスリしたりかじったりしてしまう子どもの肌ってすごいですね。
なんでこんなツルツルやねん?とうらやましい。なーんもお高い基礎化粧品とか塗ってないのに。

手がふにゃふにゃで気持ちいいですよね。変なにおいがするときもあるけど。

ミステリーは、ついやめられなくて夜更かししてしまいますよね。日本で会社勤めしていた頃は、通勤時間に本を読むのが楽しみでした。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/3/7  4:34

投稿者:あひる

★よしりんさん
変な踊りとか、歌とか、気がついたらビデオで撮るようにしてるんですが、残しておくといいですね。私たちが子どもの頃は、ビデオなんかなかったから、自分の小さい頃の言葉や動きがビデオで観られて今の子どもはいいなあと思います。
自分の小さい頃のビデオ、見てみたいですよねー。どんなかわいかったのかしらん。ははは。
ちびくん、かわいいこと言うてはったんですね。

日本は寒かったです。金沢さむいー!全員、風邪をひきました。インフルエンザにもかかりました。
でも金沢の魚はおいしいですねえ。豆腐も。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/3/7  4:30

投稿者:あひる

★ボンズール
昨年はたくさん本を送ってくれて本当にありがとう。私が本を読んでいると写楽が「ボンズがくれたん?」と言います。
重力ピエロ読みました。お母さんが、絵の額を振り回して立ち回るシーン、いいですよね。「オーデュポンの祈り」はまだ読んでないけど購入しました。楽しみー。チルドレンも書評読みましたが、よさそうですね。

ボンズ文庫のうち、「半島を出よ」が秀逸でした。すばらしい。「亡国のイージス」と合わせて読んですっごいよかった。
そして、ボンズに紹介してもらった今野敏さん、好きになりました。警察小説は結構読んだけど、今までになかったタイプの刑事がでてくるのがすごく新鮮。気が弱かったり気ぃつかいだったり、エリートだったりという破天荒とは一風ちがう魅力的なキャラクターを書く人だなあと今野敏ファンになりました。今野敏さん、自分ではきっと購入しなかっただろうと思います。ありがとう、いい出会いを。

赤ん坊の口のにおいは、アロマセラピーですね、ほんと。3歳児の口のにおいはまた違います。でも、ついくんくんにおってしまいます。そう、私はにおいフェチ。なんでもにおってしまう。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/3/7  4:05

投稿者:あひる

★雅ハハさん
足の裏をこそばして起こす、はは。おもしろいなあ。
写楽は、赤ん坊の頃、足がきゅーっといつも同じ方向を向いていたので、お乳をやりながら、足をよくマッサージしてました。ちっこいちっこい足、触っているだけで自分も気持ちよかったですね。
赤ん坊のにおいや感触は、大好きになる光線を発しているのかもしれません。
中身はおばちゃん。そうですとも。外見もおばちゃんやしぃ。くそー。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/3/7  4:01

投稿者:あひる

★づみさん
私も少しだけ剣道をしたことがあるので、ゴツゴツ皮むけむけになってしまうことわかります。
京ちゃんは、かっこいい娘さんですよね。
仁海ちゃん、お姉ちゃんのこと「いー」と呼んでいたんですか。かわいいなあ。

おーちゃんは、おとーちゃんの派生でしょうか。うちは、今でも父親のことは「ダダ」と呼んでますが、ダダは言いやすいので、はじめからダダとちゃんと呼べました。赤ん坊って最初に話す言葉が「だーだー」とか「んまーんまー」ですもんね。だから「ママ」って呼びやすいのかな。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2009/3/6  9:15

投稿者:走りかじり虫

あひるさんの文章は内容もさることながら、文章力が素晴らしいなあと感心してましたが、やはり豊富な読書量に裏打ちされたものだったのですね。それも、いろんなジャンルを貪欲に読む、これが大事ですね。
僕も、昔はいろんなジャンルをむさぼるように読んでましたし、そうしている時間がとてもhappyな瞬間でした。最近も本は好きなので、たまに出かけると買うのですが、なかなか完読できてません。というのも字を読むと麻酔にかかったように寝てしまう習性になってしまい、結局なかなか完遂できないのです。。。
ところで俵万智さんは独身だと思っていたのですが、「乳」の歌などは経験者でないとわからない感覚だろうなと思って調べてみると、H15に男の子を出産されてました。なるほど・・・やはり母と子の絆は深いものですね。これは「肉体的、構造的」な要素も大きいので父親が越えられるものではありませんね。。
これからもNZ版俵万智のみずみずしい名文を期待しています。

http://ameblo.jp/hashirikajirimushi/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ