ホームステイ先で、これだけは...  気のままニュージー

ニュージーランドに留学するしゃんぷーさんから質問があったので、書いてみます。

「ニュージーランドでホームステイする際、これだけはしてはいけないこと。」


・お湯をつかいすぎない。
ニュージーランドの一般家庭では、日本と給湯設備が異なります。日本は、瞬間湯沸し機能のあるのが普通で、お湯はどれだけつかってもどんどん出ますが、ニュージーランドではタンク式が一般的です。
大きなタンクにたまった水を電気で温めてお湯にします。
すると、どうなるか。
タンクにたまったお湯がなくなると、お湯が出なくなります!
また水をお湯にあたためるのに、数時間かかるのです。
だから、ホームステイ先で、シャワーを長時間使うと、次の人がはいったときに、水しかでなくなります。このタンクがそれほど大きくないため、すぐにお湯がなくなります。
目安をいうと、バスタブにお湯をためてはいったら、おそらくすぐにお湯がなくなります。
日本人留学生がホームステイ先のホストに注意されることで、一番多いのはその点かもしれません。
シャワーは、5分以内ですませること。長時間お湯を出しっぱなしにしないこと。

・Please,Please, Please
日本人の苦手なフレーズです。
例えば、Would you like coffee or tea?
(コーヒーか紅茶か飲む?)と聞かれたら、
「coffee(またはtea)」と答えてしまいそうですが、それに欠けているのは「Please」という言葉です。
日本語では「どうぞ」にあたるこの言葉は、日本人の学生さんの苦手な言葉の一つです。つい忘れてしまいがちですが、何か頼むときや何かほしいときは、「Please」を忘れずにつけてください。たとえば、水がほしいとき、Can I have water?でも意味は通じますが、多少ぞんざいな感じになります。後ろにpleaseをつけてください。
Could I have a glass of water, please? 
(例)
1. Could you take me to the town by car, please?
(街まで車で連れて行っていただけますか?)
2. Would you like tea or coffee?
(紅茶かコーヒーはいかがですか?)
3. Yes, please. I prefer tea, please. Thank you.
(はい。紅茶をお願いします。ありがとう。)

・ハウスルール
日本でも同じですが、各家庭にその家の決まりごとがあります。それは、「ごはんのときにはテレビを見ない」であったり、「日曜にはみんなで掃除する」であったり、いろいろです。ホームステイ先のハウスルールを徐々に教えてもらい、そのルールに従ってください。日本の慣習とは異なる場合がありますので、最初は戸惑うでしょうが、ハウスルールを尊重してください。

・食事について
ニュージーランド人の平素の食事は質素で簡単なものが多いです。朝食はシリアル、トースト、牛乳、紅茶など。自分の都合にあわせて各自が別々に食べる家庭が多いようです。朝食は火を使わない簡単な食事がほとんどです。
昼は、サンドイッチを自分で作って持っていったり、学校の近くで何か買ったり、フルーツやクッキーを食べたりする学生が多いようです。(ニュージーランドの食べ物、フィッシュアンドチップス、ミンスパイ、マフィンなども試してみてください。)
夕食は、肉、野菜、ポテトなどです。またニュージーランド人は、牛乳のほかに、チーズやバターなどの乳製品もよく好みます。
どうしても食べられないものがある場合は、あらかじめ、ホストファミリーに言っておいてください。キッチンを使いたいときは、勝手に使わずに一声かけてください。(Can I use your kitchen, please?)使い終わったらきれいに片付けておくのはあまりまえです。たまには日本食をつくると、きっと喜ばれます。食べ終わったら片付けを手伝ってください。また自分が食べ終わって、先に席を立つときや、食事の途中で中座するときは、「失礼します。」(Excuse me)というのを忘れないでください。
あと、先日の記事にも書きましたが、自分でとりわけたぶんは、残さないこと。食べられる分だけとることです。


基本は人間同士のつきあいですから、笑顔で挨拶することを忘れなければ、きっとうまくいきますよ。


昨日からニュージーランドの3学期がはじまり、夏休みを利用した留学生が何人もいらしています。
来週もたくさんいらっしゃいます。
地元の小学校に通うことになった小学生兄弟くん、ラグビーをするため高校にかようことになった中学1年生の男の子。みんなドキドキして緊張で泣くそうになりながらも、がんばっています。
「がんばれ、がんばれ!」とこちらもドキドキ。「がんばれー」と心で応援しながら、「がんばれ」とは言いません。がんばっているのはよーくわかるから。
「大丈夫、きっとうまくいく。楽しんで」と声をかけます。


このドキドキと緊張、きっとこれからのきみの人生にプラスになるはず。
うまくいかなかったりホームシックで流した涙は、留学を終えて帰るときには、達成感と感謝の涙になっているはず。
がんばれ、がんばれ、がんばれ。


若い子が留学にやってくると、親の気持ちになってしまう年齢になってしまいました。ちょっと前まで姉の気持ちだったのに。
0



2008/7/28  4:33

投稿者:あひる

★しゃんぷーさん
ありますよねー。「すみませーん」ていうこと。私はなるべく、何かいただいたときは「すみません」でなく「ありがとうございます」というようにしようと思っていますが、きっと文化や言語の違いなんだと思いますが。
楽しみですね。気をつけて。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/27  11:03

投稿者:しゃんぷー

「すみませーん」と言ってしまうこと、よくあるような気がします。本来なら嬉しいのだから「ありがとう」ですよね。

伝えることとPlease、しっかり心にとめて行ってきます!

2008/7/25  4:37

投稿者:あひる

★しゃんぷーさん
先輩いいこといいますねー。さすが、留学経験のあるひとはよくわかってはるね。
何か人にもらったり、人にしてもらったりしたときに、日本人は、感謝や喜びの表現をするのが苦手だと思います。
「ありがとう」って言う前に、「すみませーん」と悪がったりして。それは文化の違いでもあるけど。
ニュージーランド人は、ちょっとしたものをあげても大げさなほどに喜んでくれますよ。実は、ものをあげたことで相手を喜ばせたと思っているけど、喜んでくれたことで自分がいい気持ちにさせてもらっているんですよね。
何かもらったりしてもらったときに、その喜びを大げさに表現しないと、相手には伝わりません。
うまく伝えてくださいね、しゃんぷーさん。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/24  12:39

投稿者:しゃんぷー

ありがとうございます。
喜びや感謝を言葉や態度で伝える、大切なことですよね。海外に長期間留学していたことのある先輩にも「日本人は表情が少なかったり、ボディランゲージがなかったりするから、冷めてるように思われてしまう事もあるんだよ。だから嬉しい時や感謝を伝えたいときは、大げさぐらいでもいいから、ちゃんと表現してごらん。」と教えられたことがありました。
たしかに日本では、物凄く嬉しくても周囲の状況などを気にして大喜びできなかったり、恥ずかしさに押されてその喜びを相手に表現しきれなかったりすること、結構ある様な気がします。
NZに留学できる、というそう何度もできない体験の中で出会うことができたその喜びを、相手に伝えきれなかったり、伝わらなかったりしたら、それこそが失敗になってしまうと思いました。
なので、喜びや感謝、自分の気持ちをきちんと伝えられることも目標に頑張ってきます!

2008/7/23  6:07

投稿者:あひる

★ROOさん
へえー、興味深いです。そうなんですね、オークランドでは。
あまりロトルアでタクシーにのることもないので、そんなだとは知りませんでした。
オークランドで空港から町までタクシーにのったら、渋滞に巻き込まれ、ものすごく時間もお金もかかってびっくりでした。
ロトルアに渋滞ないからねー。


オークランドでタクシーに乗ると、ほとんどが移民してきた外国人運転手ですよね。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  6:04

投稿者:あひる

★しゃんぷーさん
出会えてうれしいという気持ちを最大限に表現することが大事です。自分の喜びや感謝を言葉や態度で伝えること、これも日本人の苦手分野かもしれません。
英語が通じなくてもジェスチャーでもいいから、とにかく自分の気持ちを伝えようとすること。その努力は必ず伝わります。

寂しくなったり、悔しい思いをすることもすべて自分のため。日本にあるものを求めずに、不便さや違いを楽しむつもりできてください。
きっとすばらしい経験になると思いますよ。
楽しんできてくださいね。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  6:00

投稿者:あひる

★づみさん
小6でニュージーランドはすばらしい体験だったでしょうね。
今、9歳と11歳の小学生兄弟くんが留学にきています。
小学校まで様子をみにいった河童の話では、本当に目をきらきらさせて地元の友達と走り回っていたそうです。ホームステイ先は、小さな牧場なので、羊や豚にえさを与えたり、日本ではできない経験をしているようですよ。素敵ですよね。


http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/22  22:00

投稿者:Roo

私はオークランドだけでしたが、タクシーはこと細かに、最初はQueen St.を通って、どこそこで曲がってこの通りに入って、この道で行って下さい。High Wayは通らないで、と言わなかったら、通る必要のないHigh Wayに入られてずいぶんと遠回りしてボラれてしまいました。

日本人は良いカモみたいです。
あまりよく英語で説明できないし、遠回りしても文句言わないから。
ホストマザーに話したら
「どこのタクシー会社だった?文句言ってあげるわ」と言われましたが。

 今はもしかしたら状況変わってるかもしれませんが・・・。
一度、そういう事があったので学習して、以後、タクシーに乗る時はどんなに人の良さそうな運転手さんでも細かに説明しました。
説明してもHigh Wayに入られそうになったので
「High Wayには入らないでって言いましたよね?」って言って、ようやく元の道に戻って貰った事もありました。


http://blue.ap.teacup.com/kiwi/

2008/7/22  20:45

投稿者:しゃんぷー

ありがとうございます!!
お湯、Please、ハウスルール、食事…きちんと頭に入れて、初めてのNZ留学楽しんでいきたいと思います。

今日の記事を読ませて頂いて「ホームステイの精神」を改めて実感することができました。
旅行ではなくホームステイ・留学という形で外国を訪れることの最大の意味は、あひるさんもおっしゃっていた「人との関わり」だと思います。
今はドキドキとわくわくと緊張が入り混じっていますが、大事なことだけは忘れずに、楽しみながら精一杯頑張って過ごせればいいなと思います。

本当にありがとうございました!!
もうすぐそこに迫っているNZ留学、本当に楽しみです(-^□^-)

2008/7/22  6:52

投稿者:づみ

きっと一回りも二回りも大きくなって帰国するんでしょうね
姪っ子からNZでの留学体験の話を聞いたとき、キラキラ目を輝かせていました
当時小6です


プリーズ、なかなか出てこないですよね
日頃から気をつけていかないと無理なのかな

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ