行儀の悪さの基準  気のままニュージー

先日、ボブ&コリーンに会いにいった。
いつものように夕飯をごちそうになってワインをたくさん飲ませてもらって、泊めてもらった。

お二人には5人子供がいるが、4番目の娘さんアンジェラと夫のトニー、息子のジェイクくん(ボブ&コリーンの孫12歳)もきていた。そして、ジェイクくんの同じ歳の友人マシューくんも。

コリーンの家庭だけでなく、ニュージーランドでは一般的なことかもしれないが、大人がお酒を飲むような家族の集まりやディナーの場には、子供は参加させない。
子供は別にご飯を食べることになっている。
写楽は今まで小さかったので、母から離れられず特別に一緒の食卓につかせてもらっていたが、この日から子供チームとして、ジェイクやマシューと一緒に、大人たちとは別にご飯を食べた。
余談であるが、写楽にはそれがうれしかったようで、「かあちゃん、むこういって!」と嬉々としてジェイクたちと一緒にラウンジで食べていた。

この日のメニューはビーフキャセロールと温野菜とマッシュポテト。
キャセロールというのは、柔らかいお肉がたくさんはいったビーフシチューみたいなもの。おいしそうだ。
大人が食べ始める前に、写楽を含めた子供3人が自分の欲しいぶんだけを皿にとって、ラウンジに行った。

子供達が食べ終わって、お皿を戻しにダイニングにやってきたとき。
コリーンが声を荒げた。
マシューの皿に、ビーフキャセロールが残っていたのをみつけたからだ。
食べきれなかったのであろうか、口に合わなかったのか、かなりマシューは残していた。
「これ、残したのは誰?」といつも優しいコリーンが大きな声で聞いた。
「ぼくです。」とマシュー、困った顔。
「Oh!You are Noughty boy!」とものすごく怒られていた。
Noughty(ノーティ)というのは、行儀が悪いとか、下品だという意味。
「自分で食べられる量をとったくせに、残すなんもってのほかだ!」と。
マシューは「ごめんなさい」と言った。

そうなんや。
自分でとったものを残すことは、ここまで行儀の悪いことになるのか。
ニュージーランドでは、およばれすると、大皿に盛った料理を自分の皿に欲しいだけ、とりわけて食べるディナー形式が多いが、みんな皿にソースさえ残らないぐらいに、自分でとったものはきれいに残さず食べる。
みんな行儀ええなあと感心していたが、それは、小さい頃からしつけられるかなり厳しいマナーなのだなと再認識した。

日本ではバイキングスタイルの食事は、たくさんとりすぎて食べきれなかったり、まだ皿に残っているのに次をとりにいったりする。ニュージーランド人がみたらびっくりするだろう。
また、日本の居酒屋での「とりあえず...」と、たーくさん注文して食べ散らかして最後には残すという自分のしてきたことを思って、「すんません」という気持ちになってしまった。

大人としてのマナーを、小さい頃から、厳しくしつけられるのだ。
コリーンがきつく注意したのも、自分の孫でなく一緒にきていた孫の友人に対してである。
他人の子だから言わないとかでなく、マナー違反をしたら誰でも関係なく、注意を与え、大人として子供を社会全体でしつけていこうというスタイルなのかもしれない。

自分も気をつけなければいけないと思ったし、写楽にもちゃんとこういうマナーを教えないといけない。

ニュージーランドでは、お酒のつまみみたいなものは、フィンガーフードと呼ばれ手でつまんで食べてもいいことになっている。
チップス(ポテトフライ)や魚の揚げ物しかり。
スモークサーモンなども、クラッカーなどにのせて手で食べる。
同窓会があったとき、日本の居酒屋で、私がフライを手でつまんで口にいれると、同級生に「手で食べるなんて!かわってないわー」と笑われた。
かわってないわーが余分であるが、そうか、手で食べてはいけなかったのだと思い出した。
話に夢中になって、帰ろうという段になると、フライや刺身などたくさんの料理が残っていた。
もったいなくて胸が痛くなった。
でも自分もお腹一杯でこれ以上食べられない。
持って帰りますという勇気が出なかった。



何が行儀の悪いことなのか、その基準が日本とニュージーランドでは違うようだ。国によって違うのかもしれない。
最近の日本の基準は、グローバルスタンダードからちょっとずれてきているような気がしてならない。



先週末、写楽と河童と3人で外に夕食を食べに行った。
雰囲気のいいレストランにはもちろん行けないが、子供もウェルカムとうたっているファミレスのようなカジュアルバーに行った。
写楽にフィッシュ&チップスをとってやり、大人はメインのステーキ1つとパンとポークリブをシェアすることになった。




で、でかい!
クリックすると元のサイズで表示します

ビーフステーキ。付け合せのポテトだけでも、じゃがいも3〜4個分ある。

クリックすると元のサイズで表示します

ポークスペアリブ。まるでキャンプファイアーのたきぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、子供用フィッシュ&チップス。ものすごいボリューム。写楽ポテト3〜4本食べられただけ。

これにパンも頼んでしまった。前に食べた時に、ガーリックハーブバターがおいしかったから。



「おいしいねー、いいねーこの店」と機嫌よく食べていたが、だんだん私も河童も無言になってしまった。
多い、多すぎる。
また、ポテトを揚げたやつやリブなど脂っこいものばかり頼んでしまったうえに、ステーキにもポテトややまのようについてきたので、だんだん食べられなくなってきた。
写楽用のチップスとあと1品ぐらいにして、3人でわけたらちょうどよかった。
もったいないと思い、なんとかがんばってお肉は食べたが、ポテトとパンを残してしまった。
嗚呼、すまぬ!


これからはもっと考えて注文して、残さないようにしないと。
食べ物を残すことで、こんなに胸がつぶれるぐらいに後悔するようになってしまった。

このうちの一品が、お刺身や海鮮サラダかマグロのやまかけなどあっさりしたものだったら、きっと全部食べられていたな。
チップスに負けた。ポテトに負けた。
ああ、じゃがいもに負けた〜。
0



2008/8/4  8:25

投稿者:あひる

★kikiさん
お帰りなさい!お待ちしていましたよ。
写楽は、「mさんもyちゃんも今日本にいるもんねー。まあるいおじちゃんは、もうニュージーランドにもどってるけどねー」とことあるごとにいうてました。
エピソードお聞かせくださいねー。楽しみにしています。おいしいものたくさん食べてきましたか?
寒いニュージーランドに戻って風邪ひかないようにしてね。

ローンスター、多いよねえ。私も貧乏性なので、食べきれないともったいなくて機嫌が悪くなってしまいます。ああ、もっと少なく注文すればよかったと。4分の3サイズとか頼めるんですか?知らなかった。値段も4分の3になるの?

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/8/4  7:05

投稿者:KiKi

あひるさん、昨日帰ってきました。
色々とトラブルありで、くったくたです。
来週辺り、復活予定。そしたら、お茶しましょうね。

さてさて、ロンスター行ったんですね〜。
私も行きました。子供達と。
同様の事態が発生。(笑)
(しかも結構高価でしたよね? マナーだけでなく、残すとお金がもったいない!と思ってしまう、貧乏性の私。)
4分の3サイズを頼んだのに、完食ならずでした。
ポテトとサラダを残してしまいました。
周りの人が普通に食べれているのを見て、改めて、体の大きさが違う理由の一つを見た気がしました。

2008/7/23  5:53

投稿者:あひる

★走りかじり虫さん
おっしゃることよーくわかります。
お子さんもいい育てられ方をされて幸せですね。
ペコ、ペコペコ、ペコペコペコがいいですね。
うちも必ずシェアです。特に外国では盛りがよすぎて食べられないですよね。

バッフェ式のパーティなんかだと、お料理たくさんあまるんでしょうね。胸が痛みます。そんな席であんまり日本人は食べないですよね。
食べるのかっこ悪いと思っているのかしらん。確かに、飲み物もっていたら指でつまめるようなものでないと食べられないですよね。
日本のバッフェの料理の出し方もよくないんでしょうか。高い食材でいいものを出そうとするから残ってしまう。ダメダメですね、それは。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  5:32

投稿者:あひる

★makiさん
makiさんもそういわれましたか。私もです。残すなと。
河童も写楽に対し、「出されたもんは残すな。全部食え」といつも言ってます。
でも、食べられずに残すことも多いんですが、ちびっこは。
日本人にとってご飯は特別なんでしょうね。ご飯を残すとすごく怒られました。
ニュージーランド人には、ライスはライスだし、ポテトはポテト。それに神様が宿るとかいう感覚はないんでしょうね。

このお肉おいしかったけど、ボリュームありすぎました。悔しい。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  5:23

投稿者:あひる

★ROOさん
フィッシュ&チップスは、大人2人で1人前ぐらいでちょうどいいですよね。
ロトルア博物館の下にいいカフェができて、そこのチップスがおいしいんですよ。ちょっと高いんだけど。3人でたまに食べに行ってます。

オークランドは飲茶が安くおいしく食べられていいよねー。ロトルアにはありません。
確かに、飲茶は2〜3人で行ってもあまり種類を食べられないですよねー。ROOさんが息子さんと行ったような安くておいしくておまけにきれいな桃のお饅頭食べてみたいです。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  5:19

投稿者:あひる

★まさちゃん
ちゃんとしつけてくれて、いい親御さんですねー。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  5:18

投稿者:あひる

★Chiさん
ああー、ポイ捨てする人いますね。たまにー。
ニュージーランドでは、自分のとったものあまり残しませんよねー。
もったいないと思うのかな。残さないのがあたりまえになっているんでしょうか。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  5:15

投稿者:あひる

★ボンズ
うちもそうでした。「ごはん残したら目つぶれる」といわれました。「ばちあたる」もよく言われました。
そしておかんには「世の中にはご飯も食べられない子がたくさんおるんよ」といっつも言われました。
おかあさんの実家お米やさんなんですか?いいなあ、おいしいご飯が食べられて。ご飯が世の中で一番好きです、私。
奥様もご飯を残さないなんてかっこい女性ですね。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/23  5:11

投稿者:あひる

★雅ハハさん
ポテト多いですよねー。知っていたのにパンまで頼んでしまって後悔しました。
そうですよね、昔から残したらあかん、ばちあたるとよく言われました。ご飯残したら目つぶれるとも。
食べ放題の弊害ですよね。お皿に残ってる場合は、次とりにいったらあかんってできひんのかな。
ニュージーランドにもバッフェ形式のレストランありますが、どうなんだろ?残さずにみんな食べるのかなあ。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2008/7/22  14:39

投稿者:走りかじり虫

食べ物の問題、本当に共感します。実はぼくが極端なmottainalist?で特に食べ物は厳しいです。ヨメもかなりなmottainar?です。日本の食べ残し問題はかなりかげでは言われているのですが、依然として外食すると目を覆いたくなることが多いです。特にホテルの立食バイキング形式の懇親会などは、あまりに心が痛いので最近はできれば行かないようにしているほどです。主催者側のプライドのせいなのか、たくさん残ったfoodsは心ある人にはむしろ、「計算のできない」「無駄使い」「経済観念のない」と蔑まれるのだということすら認識していないようです。僕たち家族は、海外でも多少怪訝に思われようと、自分たちの食べられる量を僕がとりまとめ、注文しshareします。子供達にはハラペコ度を自己申告させ、ペコなのかペコペコなのかはたまたペコペコペコ・・なのかそれに見合った量を食べないとお灸がすえられるという仕組みです。エコだの、食糧危機だの言う前に、身の周りでできる当たり前の感覚を身に付けることが大事でしょうね。

http://ameblo.jp/hashirikajirimushi/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ