10周年記念旅行 1  気のままニュージー

へにょへにょ〜。
ニュージーランドにやってきてこの9月で丸10年になった。
記念に、旅行に行くことになった。
さてどこに行こう?

旅のスタイルは
1.車で行くぞ
2.奮発して良い宿に泊まろう
3.海を見にいこう

上記の条件を満たした候補地が、ネイピアとコロマンデル半島。
最終的には河童の希望で、10年前に訪れた思い出の地コロマンデル半島に行くことになった。

ロトルアから車で北に約4時間。
コロマンデル半島は、オークランドからも気軽に行けるリゾート地である。

さて、

9月21日(金)
午前中に仕事を終わらせて、午後1時。
お菓子やワイン、ビールなどどっさり詰め込んで、コロマンデルに向けてさあ出発!

クリックすると元のサイズで表示します


「ちゅっぱつちんこー(出発進行)」と写楽がいう。

車を出してガレージのドアを閉めようとしたとき、河童が言う。
「のど飴持ってる?」
あ、のど飴ね。ないわ、とってくるわ。
ガレージを開けて、ガレージから家にはいるドアの鍵をあけて、セットしたアラームを解除し、飴をとってくる。
さあ、気をとりなおして、ちゅっぱつちんこー!
車で走ること10分。
今度はワタクシ。「あ、モーテルの本(宿泊先の住所や電話番号が載っている本)忘れた!」
10分走って家に戻った。
「とーちゃく〜(到着)」と写楽がいらんことを言う。

ガレージを開けて、ガレージから家にはいるドアの鍵をあけて、セットしたアラームを解除し、本をとってくる。

ううー、なかなか前に進めないぞ。


めざすコロマンデル地方には、タウランガを通り2号線を北上して、ワイヒという町を抜けていくことにした。
タウランガの街中から、ワイヒにいくには、どっかで右折。
どこで右折するんやろ?と思っているうちに、直進してしまい国道にはいったらUターンするところがみつからない。
あれあれと思っている間に、 マタマタという別の町にきてしまった。
あああああー、マタマタからワイヒに行くには、ロトルアからタウランガまで行くのと同じぐらい、約1時間かかる。


どんどん時間は過ぎていく。
右折するポイントを見つけられなかったのは、ナビをしていた私が悪いのか、道が悪いのか、「ここは直進や!」と断言して曲がらずにまっすぐ行った河童が悪いのか。
そんなことを言っても仕方ない。
写楽は、後部座席でバクスイしていたため、うるさくないのがまだ救い。

予定になかったドライブコースだが、マタマタからワイヒまでの道が、地平線までまっすぐで、美しかった。
競走馬の育成をしているところがあるのか、馬がたくさんいた。
あ、この道いいな。
まっすぐでフラットで、少しかすんだ空と地面が線でひいたように視界の真ん中で半分に分かれている。
この道を覚えておこう。自分の好きなものに加えよう。
ハプニングが与えてくれた小さな贈り物。



マタマタから約1時間。やっとワイヒに到着。午後4時。
モーテルの本をとりに戻ったのもいれて、予定よりも2時間遅れである。
予定よりも1時間半、余計に運転していた河童は疲れていたと思う。
「運転かわろか?」と言っても、「ええわー(よけいに疲れるから)」と断るねんもん。
「あのまま、順調に道を間違わずに行ってたら、きっと事故にあうとか、なんか(困ったことが)起こっててんで。だから、モーテルの本を家に忘れてとりに戻ったのも、きっとあれはあれでよかってんでー。」と達観した仙人じいさんのような口調で、さりげなーくモーテルの本をとりに戻ったことを責められる。
「はは、き、きっとそやな。順調に行けなかったことが、よかったんかもしれへんな。」と相槌をうつ私の声はひきつっていたかもしれない。




ワイヒで休憩。アイスクリームを食べる。
ワイヒは、昔、金鉱採掘の町であった。
小さな町。
小さな市民ホール、小さな図書館。
クリックすると元のサイズで表示します


歳をとったら、こんな町で海を眺めて、一日読書して過ごすのもいいな。
旅にでると、人生のワンポイントアドバイスを得られる。

そんな町ワイヒから車で2時間。
ようやく、旅の目的地フィティアンガに到着。
フルキッチン付、バスタブ付の条件で探し、贅沢していいモーテルを予約した。

お湯を惜しげなくじゃんじゃん出してたっぷりのお風呂につかって、夕飯を食べよう。
うひょー!ぜいたく〜!
お湯がたりなくなるので、いつも家ではバスタブに半分しかお湯はためられない。
そこに身体を横にして寝るようにしてはいるのだ。
今日は肩までお湯につかれるよー。

先にお風呂につかった河童が「あああああぁぁー」とおっさんのようにうなるのが聞こえる。気持ちええんやなー。
今度は、私と写楽の番。洗い場がないため、一度お風呂のお湯を流していれなおさないといけない。でも、お湯のいきおいがあるので、すぐにたまるのがまたうれしい。贅沢きわまりない。何もかもがうれしくて、うひょひょひょーと踊りだす母娘。踊りながら服を脱いでいく。場末のストリップか?
まるで宇宙船のようなでかいバスタブに、写楽少々びびりぎみ。
びびりながらも、お湯をためながらすでにはいってるし、1歳児。
河童父さんの真似をして、「あ〜」といいながら、お湯をかけながら顔を手でこする。おっさんか?きみは。
クリックすると元のサイズで表示します


風呂からあがったら、メシだ、メシだ!
「う、うまい〜。」
写楽が「どーじょ」と差し出してくれたビールを飲んで、河童の頬がゆるむ。

クリックすると元のサイズで表示します


夕飯は作って持ってきた。
とりのから揚げ、肉野菜炒め、卵焼き、おにぎり。
から揚げ大好きな写楽、「おいも、たべるのー」とバクバク食う、食う、食う。
おいもとちゃうねん!ま、ええわ、なんでも。


おつかれさま。おやすみなさい。
旅はまだ始まったばかりだ。
0



2007/10/10  9:27

投稿者:あひる

コメントをくださったみなさんへ
ありがとうございます。コメントたのしくうれしく読ませていただきました。
お一人お一人にレスができなくてごめんなさい。
また続きを書きますので読んでやってください。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2007/10/8  20:34

投稿者:KYO

いいですね〜!(^^)!
私、ここ数年は会社と家の往復ばっかりだったので、今年からはバンバンオーストラリアのあちこちに出かけたいと思っております!
気づいたら、引っ越して以来オーストラリア国内で自分のいる州以外に行ったのって昨年の一回だけだったんですよ…(;_;)

続きのアップ、楽しみにしています!

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/

2007/10/7  22:45

投稿者:shigeyoayumi

渡ニ,10周年,おめでとうございます。末永くお幸せにお暮らしください。

2007/10/7  14:53

投稿者:ミナミナ

わ〜そんなになるの?
10周年なんだね!おめでとうございます。
家族が増えての旅行は何もかもが楽しいでしょう?
いいな〜
ミナミナおばちゃんもいれて〜写楽ちゃん。笑

あひるちゃん!また会う日まで…♪

http://mina1239.exblog.jp/

2007/10/6  17:35

投稿者:binn

オートキャンプじゃないのか〜
料理はしないの?

やっと復活です
遅くなりましたが 10周年おめでと〜
また遊んでね〜

http://wave.ap.teacup.com/binns3d/

2007/10/6  9:58

投稿者:トロワ改め、バラカ

あひるさん、こんにちは。
10周年記念旅行、またまた素敵な思い出の旅ですね。
家族3人での旅って、今まで以上に楽しそう!

このたび、トロワ改め、バラカになりました。
名前が変わっても、中身は同一人物ですので、これからも仲良くしてくださいね☆よろしくお願いします。


http://sky.ap.teacup.com/africafe/

2007/10/3  12:47

投稿者:おやびん

わはははは〜〜
ハプニングでキレイな景色が見られて良かったですね〜

あひるさん一家のほのぼの記念旅行、ステキですね
写楽ちゃんのバスタブの写真、最高ですね〜笑
気持ち良さそう〜〜〜〜
続きも楽しみにしてますね

↓の記事、顔型もやりました♪やりました♪♪
顔を雪につけるの面白いですよね〜
あひるさんとお父様のお話・・・ビックリしましたよ〜
よくご無事で・・・f^^;
雪に寝るのって最高ですよね〜

http://happy.ap.teacup.com/hirocchi/

2007/10/3  11:24

投稿者:Monkey

こんにちは
10周年ですか、すごい!!
コロマンデルにネイピアかあ〜、いいなあ。
うちの旦那のおばあちゃん家のタウポはまだ寒いといっていましたが、きっとネイピアは暖かいでしょうね♪
いつも思いますが、あひるさんのブログからは本当にNZの臭いまで伝わってきます☆
またお邪魔しますね〜☆

http://ggmonkey.blog27.fc2.com/

2007/10/3  7:03

投稿者:maki

あははは・・・その日の情景が伝わってきます。
ほのぼの家族ですてきだなあ・・・

写楽ちゃんもでっかいお風呂でくつろげたみたいでよかったね。
かわいい娘に継いでもらったビールはまた格別な味だったでしょう?
朝からほんわかした気持ちになれました。有り難う。

2007/10/3  0:44

投稿者:えりぞー

コロマンデル、私は行ってないです。
今度家族と行った時にでも行きたいなぁ。
NZでのドライブ、私は大好きでした。
あの向こうの道はどこまでつづいているんだろう、
あの丘の向こうの景色はどんな世界が広がっているんだろう、
この木々達はどこまで伸び続けるんだろう。
そんな事を思いながらのんびりとドライブが出来ますよね?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ