少数派でいる勇気  気のまま雑記

みんな同じ。
みんなと仲良し。
みんな平等。

小学校からそういう教育をうけてきた。
世の中、ちっとも平等じゃないのに。

他人と同じグループに所属しながら、一番光っている。
みんなと仲良くしながら、一番もてる。
表向きはみんな平等でも、他人より一瞬先に何かをみつけている。

そうありたいと姑息に思っていたくせに、そう思っていることを他人に悟られると、傷ついたふりをした。

少数派でいる勇気がなかなか持てなかった。

みんなと同じ。
みんな仲良し。

そんなもん、くそくらえ。

同じなわけがない。
みんな同じに生まれるわけでもなし、
みんなと一緒に死ぬわけでもなし。

クリックすると元のサイズで表示します


そう思えたときから、世界がかわる。
何もできない自分はかわっていないのに。

「少数派でいる勇気を持て」と好きな作家が今日言った。

仲間がたくさんいる幸せ。
大勢の仲間がいるのに孤独である不幸。

クリックすると元のサイズで表示します


少数派でいる勇気を持てば、一人ぼっちではない。




ランキングに登録してます。クリックお願いします。
0



2005/3/2  13:28

投稿者:あひる

★yugafuさん
返信が遅くなってすみません。

>でも年と共に気の合わない人とは無理に合わせる必要もなく、自分が大切に思う人は大切に、と考えたとき気持ちが楽になりました。

ほんとにそうですね。そういう人の周りには不思議と人があつまってくるのでしょうね。

2、3番手にいる人って一番魅力的なんですよね。私も1番より、2番の男性に惹かれます。




http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2005/2/27  17:12

投稿者:yugafu

先ず年齢差のあるあひるさんとこんなに話が出来るとは。
>誰に対しても腹を立てないでしょう?
そうですね。
こちらからはあまり言わない方だと思いますが、相手があまりのことを言ったときはバシッと言います。
ただ根本的に争い事はいやなので(誰でもそうですよね)自分の目標としては、『にっこり笑ってさりげなくバシッとね!』(笑)
でもね、私はO型のてんびん座なので
若い頃優柔不断で八方美人でした。(今も十分名残はありますが・・・)
自分がないみたいで疲れましたよ。
でも年と共に気の合わない人とは無理に合わせる必要もなく、自分が大切に思う人は大切に、と考えたとき気持ちが楽になりました。
前にも何処かでコメントしたように、私は2、3番手のポジィションが自分にとって一番居心地のいい所。
だから自分自信が少しでも前進できたら嬉しいかな?って思います。
あと、『楽しいことは皆まきこんじゃえ精神』は強いかも知れませんね。
最初コメントしたように年を重ねることによりいう考えになってきたと思います。
又いっぱい書いてしまいました。


http://blue.ap.teacup.com/10yugafu8/

2005/2/27  11:16

投稿者:あひる

★陶さん
ものを知らない私には重いコメントです。
でも、考えてみました。

>天安門でフランスに逃げた指導者カップルを思い出すのよね・・・

これ、少数派なんでしょうかね?
自分たちは、亡命して安全なところに言ってから、いろいろ言う。
これぞ多数派(というのか?)のさいたるもの。
少数・多数というのが、単に数の問題だけではなく、メジャーとマイノリティと考えると、この人たちのしてることは、大多数の群集と同じだと思います。

自分たちは安全なところに逃げて、そこで訴える。
いや〜な感じをうけた陶さんの気持ちわかる。
これは、少数派でいる勇気をもった行動ではないですよ。


http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2005/2/27  11:10

投稿者:あひる

★フィカルさん
私はな、小さい頃からずっと、クラスの中心、グループの中心だった。そのポジションをとるためにどう動いたらいいかろ姑息に考えていた。
みんなが慕ってくれる自分、みんなと仲良くしている自分が好きだった。
自分をはずされたり、自分がはいらずに誰かと誰かが仲良くするのは、いやだった。
小心者。少数派になる勇気がなかった。
でも、少数派にあこがれていた。恐れてもいた。
だから、きっと、フィカルさんに幼い頃にあってたら、ひそかにフィカルさんにあこがれてたと思うよ。

で、きみの今のその「気ぃつかい」なところは、大人になってから培われたのか?
何も考えなしに、思ったままを言うてしまう私(いちお、これでも考えて言うてるつもりやねんけど、後から考えると、「えええええ?私ってそれも知らんとあんなこと言うてもた!」ということ多々あり。)にとっては、フィカルさんの言葉を考えて話すところは、勉強になります。
でも、私には考えて話さんでええからね、思ったまま言うてちょ。


http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2005/2/27  11:01

投稿者:あひる

★marikoさん
ジャガーはな、どうしても人の目をひくんやと思う。魅力的やからな。
ほんまは超越したところにいてる人やのに、気さくやから、この人なら私勝てるかも?と他人に錯覚させてまうねん。
真似されるちゅうのは、うれしいことやで。若い子らがみんな「あゆ」のまねするみたいなもんや。

★edさん
>「でもこれがあるから」っていうのも一個も無い

私もそやねん。どれも中途半端、何もできない。
でも、私は少数派でいる勇気すらなく、長いものに巻かれてここまできました。
他人の目が気になってしかたない小心者。
最近、やっと、あまりヒトのことが気にならなくなりました。そうすると、イライラしなくなった。

この犬の写真、edさんが犬撮ってほしいっていうてたと思って撮ったよ。
でも、ケツむけてる。すまん。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2005/2/27  10:54

投稿者:あひる

★yugafuさん
ちっともえらそうではありませんよ。
yugafuさんは、裁縫したり、絵を描いたり、自分で何かを生み出せる人です。
そういう人は、自分に自信があるというか、いい意味で自分の分をわきまえているというか、自分にないものを求めず、自分にそなわったものに幸せをみいだせる人なんだと思います。
私は、そういう人になりたいです。

素敵な人に出会えるという偶然を私の才能だとおっしゃってくれた、yugafuさんに感謝します。
yugafuさんって、あまり誰に対しても腹を立てないでしょ?
最近、私もやっとあまり怒らなくなってきました。腹が立たなくなるとラクチンです。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2005/2/26  19:28

投稿者:陶ちゃん

>他人と同じグループに所属しながら、一番光っている。みんなと仲良くしながら、一番もてる。
表向きはみんな平等でも、他人より一瞬先に何かをみつけている。

ココがひっかかっている・・・

天安門でフランスに逃げた指導者カップルを思い出すのよね・・・
フランスから、世界に訴える・・・同士が死んでいると・・・
なんか、いやなもの見たナァ〜という気持ちだった。

かつての学生運動の一部の指導者を見たような気がして。労働組合の委員長みたいな気がして・・・。

あひるちゃんなら分ってくれるでしょう。
党派性(マイノリティ)の問題点を・・・。




http://wave.ap.teacup.com/youjinboh/

2005/2/26  8:23

投稿者:あひる

コメントありがとうございます。あとで返信します。

http://happy.ap.teacup.com/kinomamanz/

2005/2/26  1:28

投稿者:フィカル

関係ない横レスだけど、まりこさんあれだよ、輝いてる人は、他人の心にカゲをおとしてしまうときがあるのさ。
嫉妬・陰口・真似は、人気ある人の最低条件でしょ。

どれもやられない人は、いい人かもしれんがつまんない人だと思いまーす。
私なんか嫉妬なんかされちゃったら嬉しくてニヤニヤしちゃうけどなぁ。真似なんかされたら嬉しくて鼻血だして倒れちゃうよ。



いやそれもおかしいか・・・・・・・

http://air.ap.teacup.com/ponygunso/

2005/2/26  1:23

投稿者:フィカル

>孤独を感じるときは、まわりの人より自分がいろんな面で劣っていると感じたときかもしれない。

ほんとそう・・・私が子どもの頃感じてた孤独感は「みんなと同じにできない自分」。上手に相槌打ったり、トイレ行くのに友達誘ったり、クラスにお気に入りの男の子を見つけたり・・・なんかそういうことが全然できない子どもだった。
身体が大きくて気が強かったから「いじめ」られはしなかったけどね、いつも「変な子」って思われて、なんとなくカヤの外だったよたぶん。

それが大人になるとね、みんな「変な人」に対して優しくなるでしょ。
普通のことが普通にできない人のことも、なんとなく認めてくれる。
だからね、今になってやっとね「みんな仲良し」とか「みんな平等」って言葉が、ホントの意味になって響くんだよね。人から受け入れてもらえる、人のことを受け入れるっていいなあと。

http://air.ap.teacup.com/ponygunso/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ