つぼ No42 『陽陵泉』  つぼ

 今回は、のぼせや発熱などに効果のあるツボを紹介いたします。

 名前は『陽陵泉(ようりょうせん)』で、
 前回紹介した『陰陵泉』と対になっているツボで、
 膝の外側(陽)にあり、骨の出っ張り(陵)の下の窪み(泉)にある事から
 この名前が付いたそうです。

 陰陵泉と対を成し、陰(冷え)に対し陽(熱)に関連する作用を持っています。

 効用は、腹痛・嘔吐・発熱・顔のほてり・のぼせ・脚の痛み・腰痛・筋肉痛など

 作用は、清肝胆・疏筋絡・利関節

 口内炎などにも効き目があるのでお試しください。

クリックすると元のサイズで表示します


  


2008.1.12 2014.5.28
5
タグ: 腰痛 発熱 のぼせ



2008/1/17  10:43

投稿者:kenkoudo

ちずやんさん

資料作成などの雑務に追われ
返事が遅くなりスミマセンでした

>ツボは奥が深いですね(@_@)

そうなんです!!
本職の私が言うのもなんですが、本来色々なつぼを組み合わせて使うもので、組み合わせ方が無数にあり、いつも仕事中は頭の中がパズル状態になっています。
まだまだ、つぼの優れた所を紹介しますのでお楽しみに・・・♪

2008/1/14  1:32

投稿者:ちずやん

>効用は、胃酸過多・腹痛・嘔吐・発熱・顔のほてり・
のぼせ・脚の痛み・腰痛など
口内炎にも!?

ツボは奥が深いですね(@_@)



http://sky.ap.teacup.com/chizuyan/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ