2015/1/25

よもやのゴールドシップ敗退、オヤジも惨敗・・  予想結果

コパノリッキーにゴールドシップ

GT馬2頭は明暗を分けました。



コパノリッキーは新パートナー・ユタカを背に

2着以下を寄せ付けない圧巻のレースで


フェブラリーS連覇に向けて

希望が膨らむレース内容でした。




一方のゴールドシップは7着に惨敗。

走ってみないと分からない


悪い頃のゴールドシップに戻ってしまいました。



ゴールドの敗因は何なのか・・


確かに1,000メートル通過が63秒と

超が付くスローペースでしたが


いつもの追い上げは見られず

気性的なものになるのかな。




そのアメリカJCCを制したのは

昨年のヴェルデグリーンに続く


相沢〜田辺コンビのクリールカイザーで

クリールを初重賞に導いた田辺は



自らの手で

コパノリッキーをユタカに盗られた(?)無念を晴らしました。



GT5勝馬の敗戦で

競馬に絶対はないということと


気性に難のある馬の取り捨ては難しいと

再認識させられた今年のアメリカJCCでした。




クリックすると元のサイズで表示します 本日の軸馬の成績



中京11R マイネルバイカ 10番人気(117.3)4着


中山11R フラガラッハ 8番人気(48.0)6着


中山12R レオニーズ 7番人気(12.1)5着




東海Sのマイネルバイカは

最後まで2、3着争いに加わり健闘してくれましたが


最後に人気のインカンテーションに交わされ

4着に・・



単勝117倍の馬に夢を見させてもらいました。


白井調教師、ありがとう(笑)




フラガラッハは後方からの競馬で

最後はいい脚を使って伸びてきましたが


スローペースの前残りと

中団より後ろの馬では勝負にならず


位置取りが全てで



人気のゴールドシップに先着したのが

せめてもの救いでした。




終わってみれば

この土日で馬券になったのは昨日の京都牝馬Sのみで


せっかくの万馬券も霞んでしまいましたが




京都牝馬Sのケイアイエレガントが9番人気

東海Sのマイネルバイカは10番人気


アメリカJCCのフラガラッハは8番人気と



大振りした割には収支も大幅なプラスで

楽しめた土日でした。


今日も当たっていればというのが

本音ですけど



よしということで。




今日の悪かったことは

昨日の残りのカレーを食べて忘れよう(笑)・


分からない方はスルーしてください。



また来週です。




じゃあの。

予想の投稿もお待ちしています。

 ↓  ↓




クリックしてください。

 ↓  ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ