2014/6/24

今年も少頭数ですが・・  

今週の平地重賞は宝塚記念のみですね。


ちょっとばかり寂しい気がしますが

その宝塚が終わると


阪神に20日間続いた東京開催が終了


入れ替わりに中京、福島が開幕

函館と合わせてローカル3場開催となります。



本格的な夏競馬というやつですね。



次の中央開催は

9月2週目の阪神まで待たなければならず


丸々、2ケ月はローカル三昧です。




夏競馬を制する者は競馬を制す。


我々競馬ファンには

休養に放牧という言葉はありません。


暑さに負けずに頑張りましょう。




宝塚記念

各馬の前走を見てみると



ヴィクトリアMが3頭

天皇賞が5頭

ドバイが1頭



デニムアンドルビーは

ドバイを使ってからヴィクトリアです。



3強と呼ばれている3頭の前走は

天皇賞にドバイです。



そうです。

有力馬にとって春の大目標は


国内では天皇賞

牝馬はヴィクトリアM


国外では

ドバイのシーマクラシックになります。



安田記念もですが

今年はジャスタウェイが回避したので参戦はなく




出走馬も昨年は11頭

今年は現時点で13頭と


2年続けてのフルゲート割れは必至です。



頭数が揃わない要因は


秋のビッグレースに向けて

暑い時期だから無理させれないからです。



ちょっとでも懸念材料があると

休養させた方がいい。


春の大目標が終わった後なので尚更です。



有力馬には

宝塚記念が目標の馬はいないということですね。


したがって

いかに余力が残っているかにかかっています。



今年は少頭数ですが

まずまずのメンバーが揃いました。


暑いなか

宝塚に出走して頂ける馬たちに敬意を表しながら


予想したいと思います(笑)



じゃあの。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ