2014/6/1

ダービー、渾身の軸・・  

いよいよダービーですが

そのダービーを前にして予期せぬ出来事が起きてしまいました。


皐月賞が終わった時から

ダービーの軸にと思っていたウィンフルブルームが取り消し


目の前が真っ暗になってしまいました。



ウィン絡みの馬券しか考えておらず

予想の変更を余儀なくされた次第です。



どうしようと悩んでも仕方ありません。

ダービーは待ってくれませんから。


オヤジの馬券術の1つに


困ったら人気薄の内枠の先行馬を狙え

というのがあります。


人気薄の先行馬

内枠



いました。


マイネルフロスト です。



ダービーとは相性のいい毎日杯の勝ち馬で

ダービーと同じ舞台で行われた青葉賞では


勝ち馬から0.2秒差と着順ほど負けていません。



皐月賞を見送ったローテーションは好感で

共同通信杯5着の実績からも


変わり身があっても驚けません。



ウィンフルブルームの取り消しで

ダート馬エキマエが引っ張る展開になるにしても


ペースは速くならず

先行馬にアドバンテージとなります。



今週からCコースに替わり

内が有利で前が止まらない馬場で


内々の最短距離を通れる有利さと

純然たる逃げ馬が不在ということで


後続の馬が牽制し合ってくれるかどうか。



問題は


後ろの馬にかわいがってもらえるかどうか

それと直線で長くいい脚を使えるか



それにかかっています。



ダービーです。


ダービーは一度勝っている騎手と

勝ってない騎手とでは雲泥の差があると言われています。


平常心でレースを迎えることができるか

そういうことです。



エビショウをはじめ

イスラボニータ陣営にとっても


人気馬で迎えるダービーは

プレッシャーと苦労の連続だったと思います。



エビショウは45歳

今後、1番人気の馬でダービーを迎えることはないかもしれません。


最後のチャンスだとイレ込んでいることでしょう。



ユーイチにしても、川田にしても同じです。


その点

松岡は気楽に乗れます。




皐月賞馬や皐月賞上位馬に敬意を表しながら

マイネルフロストから夢を見ます。



内枠を利して

スルスルっと抜け出してくれないかな…



じゃあの。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ