2014/5/18

まさかのヴィルシーナ・・  

昨年は12番人気に評価を下げたホエールキャプチャが2着に入り

波乱を演出しましたが


今年は11番人気に評価を下げたヴィルシーナが勝ち

連覇を達成しました。



それも

まさかの逃げ切り勝ちでした。



レースは好スタートを切ったヴィルシーナが

クロフネサプライズを制しハナを奪うという想定外の展開で始まり


2番手にクロフネ

メイショウマンボ、ホエールキャプチャは中団より前目で


人気のスマートレイアーは、ちょうど真ん中辺り

デニムアンドルビーは後方からという位置取りで


縦長の状態でレースは進み



直線を向いてもヴィルシーナの勢いは衰えず

内からメイショウ、外からホエールの急襲に合いながら


渋太く粘ってゴールへ

最後の最後に伸びてきたストレイトガールが3着に入り


今年も波乱となりました。



2着にメイショウマンボ

ホエールキャプチャは4着


スマートレイアーは8着、デニムアンドルビーは7着に敗れ



オヤジのエクセラントカーヴはいつもの伸びが見られず

見せ場のないまま10着に敗れました。



ヴィルシーナの勝因は何か・・


牝馬のピークは長くは続かない

一度調子を落とした牝馬を再生させることは難しい


と言われていますが



実積馬を復活させた陣営の努力


プラス


ウチパクの好騎乗になるのか


それとも昨年のホエールと同じで

東京マイルの適性ということで落ち着くのかな・・



ヴィルシーナは一度、ウチパクから手綱が離れていったので

再び、ウチパクに戻ってくるとは思いませんでした。


陣営とウチパクの「絆」は固かったみたいですね。



最近低迷していると言われているウチパクですが

このレースが転機となって


再び輝きが戻ってくるか・・



それと

勝ったヴィルシーナ陣営から戦前


今週の調教では久々に闘志が戻ってきたとか

いい頃の雰囲気になったとか


そそる言葉がありましたが



いつも、こんなコメントに騙されているので(笑)・

信頼することはできませんでした。




勝つには

最低限、GTホースという肩書が必要なレースだと再認識させられた


今年のヴィクトリアMでした。



それにしても

最も逃げ切るのが難しいと言われている東京のマイルで


2週続けて逃げた馬が勝つとは

思ってもいませんでした。



前が止まらない馬場

オークス、ダービーの予想にも加えなければいけないようです。



じゃあの。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ