2016/9/24

神戸新聞杯、渾身の軸・・  競馬予想・重賞

クライマックスシリーズが待ち遠しいばかりです。


今流行りのデジタルな予想ではありませんが

昭和の匂いがするアナログ予想です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 阪神11R 神戸新聞杯



先週のセントライト記念で

皐月賞馬が順調な仕上がりを見せ


ダービー2着馬がここから始動。



ダービー馬は不在。


サトノダイヤモンドにとっては

通過点にしたいレースですね。



夏を休養に当てた春の実績馬と

クラシック未出走の夏の上り馬



この比較が

この時期の醍醐味です。


ダービー2着馬に敬意を表しつつ


思い切って

上り馬



カフジプリンス を狙います。



前走は51キロの軽ハンデながら

古馬オープンの壁に跳ね返されましたが


前走勝っていれば

トライアルの結果はどうであれ



菊花賞の秘密兵器にと思っていた馬です。



長丁場のレースは得意で

2,200以上で3勝。



皐月賞の頃には

まだ500万を走っていた馬で


重賞実績もありませんが

500万、1,000万と連勝し



2走前には

力のいる長丁場の洋芝のレースで


圧勝。


3歳同士なら侮れないと思います。



鞍上のイワタは最近は精彩を欠くものの

木曜の統一GU東京盃で久々の重賞制覇。


ベテランの勢いに乗ります。


後は実績馬との力関係だけ。




馬券は基本

軸馬から馬連で総流し

サトノダイヤモンドとの2頭軸の3連単も。




クリックすると元のサイズで表示します インスタも見てください。

keiba_oyajiで検索を。




じゃあの。

予想の投稿もお待ちしています。

 ↓  ↓




クリックしてください。

 ↓  ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ