2016/4/30

天皇賞、渾身の軸・・  競馬予想・GT

今流行りのデジタルは予想ではありませんが

昭和の匂いがするアナログ予想です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 京都11R 天皇賞



昨年の覇者ゴールドシップが引退。


天皇賞馬ラブリーデイ

ジャパンカップホースのショウナンパンドラに


クラシック2冠馬ドゥラメンテが不在。


その割りには

そこそこのメンバーが揃いました。



グランプリホース・ゴールドアクターが人気ですね。

1番人気馬はディープインパクトが勝って以来


9連敗中です。



9連敗の内容もよくありません。

9年間で3着が一度あるだけで


あのオルフェーヴルも11着に沈んでいます。



まさに淀の2回の坂越えには

魔物が棲んでいるかのようです。



なぜ歴代の有力馬が馬群に沈んでいるか。



3,200という年に一度しかない

レアな距離に


一律58キロという

長丁場にしては過酷な斤量にあるように思えます。



最近はステイヤーという言葉は死語になったのか。

菊花賞においても


中距離血統の馬の活躍が目立ちます。



高速馬場の障害なのか

長距離適性よりスピードが優先されるようになりました。



そこに落とし穴があるのか


1ハロン違うだけなのに

まるで異なる傾向になります。



58キロを背負い慣れている

ステイヤーを狙う。


人気は度外視で、それでいいと思います。



昨年の2着馬



フェイムゲームを。



前走はトゥインクルに惨敗も

4.5キロのハンデ差に道悪


海外帰り初戦ということを考えると

悲観する内容ではなく


逆にひと叩きされ

上積みが期待できます。



昨年2着の時と同じローテーションで

鞍上にボウマンを確保。


そのボウマンは先週クイーンエリザベス2世Cを制し

絶好調で来日。



ユタカ曰く

長丁場のレースは騎手の腕に左右されると


メルボルンCをはじめ

オーストラリアには長丁場のレースが多く



今年の天皇賞は

オーストラリアの名手に託してみようと思います。




馬券は基本

軸馬から馬連で総流し

軸馬1頭軸の3連複も。



クリックすると元のサイズで表示します インスタも見てください。

keiba_oyajiで検索を。



クリックすると元のサイズで表示します 「うまぐりちゃん」をリンクしました。



じゃあの。

予想の投稿もお待ちしています。

 ↓  ↓




クリックしてください。

 ↓  ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ