2016/2/19

ダイヤモンドS、渾身の軸・・  競馬予想・重賞

今流行りのデジタルな予想ではありませんが

昭和の匂いがするアナログ予想です。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 東京11R ダイヤモンドステークス



最高ハンデが58.5キロ

最低ハンデが48キロと10.5キロのハンデ差が付きました。


トップハンデは

このレース3連覇を狙うフェイムゲームですね。



そのフェイムゲームと

実績上位のホッコーブレーヴが海外帰り


人気のタンタアレグロに

ファタモルガーナ、カムフィーが休養明けと



使われている強みで



マドリードカフェを狙います。



1,000万クラスのまま挑戦した

万葉Sを勝ちました。


軽ハンデに展開が恵まれた感は否めませんが


これまで

芝の中距離やダートで頭打ちだった馬が



初の距離で一変。



父から受け継いだ

遅咲きのステイヤーの血が開花。


馬の格好が変わり充実してきたという

自分に都合のいい(笑)陣営のコメントを素直に信頼し


3,400というレアな条件なので



ステイヤーとしての伸びシロに

賭ける手もありかなと思います。



軽ハンデに先行力は魅力ですね。



長丁場のレースで穴を狙う時は

人気薄の内枠の先行馬から。



馬券は基本

軸馬から馬連で総流し

軸馬1頭軸の3連複も




じゃあの。

予想の投稿もお待ちしています。

 ↓  ↓




クリックしてください。

 ↓  ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ
 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ