壊。  

太陽に近づきすぎて、
落ちていくときも、
イカロスは、
笑っていたと思うんだ。

ちょうど、
人魚姫が、
海の藻屑となって、
消えていくときのように。

心、壊れても、
涙が最後の一滴になっても、
たったひとつの真実が、
偽物だとしても、

笑顔になれるよ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ