2011/1/8

シーズン初滑り  

もうすぐ3学期が始まる。

3学期には「アルペン教室」が2回。

去年だいぶ上手になったから大丈夫だとは思うけれど・・・

お調子者のるんるんを野放しに滑らすには、

やっぱり1度は滑っておかないとね。

それにさっくんもちびっこスキーが始まるから、

その前に1度滑っておきたいね。

そんな話をして、天気を伺っておりました。


土曜日の朝、窓が凍り付くほどの快晴!

滑るなら今日だ!

渡虹も一緒に滑りたいというので、

(ホントはリフトに乗りたい男

フル装備の準備をして(もちろんおやつも用意して)出発!

まず、風和を前山のクロスコースへ送って、

いざ白馬乗鞍スキー場へ。

スノボーの父ちゃんとるん&さくはささ〜っとリフトへ。

(左・紫ヘルが流雲、右・赤ヘルが爽空)
クリックすると元のサイズで表示します

その間に母ちゃんは渡虹を教えます。

母ちゃんが抱いて少し上に立たせ、

板を三角にして、手は横!パ〜で滑っておいで!

一生懸命なだめ、誉め、声を掛けますが、

基本、この人は滑りたいのではなく「リフトに乗りたい」訳です。

一度滑ると「よし!あれ乗ろう!」と・・・。

「いやいや、今行ったら母ちゃん大変だからさぁ・・・。

もう少し『パッ』が上手になったら行こうよ。

じゃ、もう一回やろ。」

「そうぉ?とこ、上手だけどなぁ。乗れるけどなぁ。」

「・・・

そんなこんなで数回滑りました。
クリックすると元のサイズで表示します

結構上手にバランスを取って滑ってきました。

パッの練習をもう少しやったら、

あっという間に滑れて止まれそうです。

ただし!一度の練習が8回くらい・・・

あと何回ゲレンデに行ったら滑れるようになるかしら・・・?

渡虹に限っては先が長そう。


あぁ、そうそう。

うまくならなかったからと言って、今回リフトに乗せないと、

後々大変なことになりそうなので、

母ちゃんが渡虹を抱いて一度だけリフトに乗ってきました。

16sの渡虹を抱いて滑ってくるの、結構たいへーん!

早く自分で滑れるようになって欲しい、母ちゃんです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ