山田道場で一緒に汗を流す仲間たち!極真カラテを習いながら経験したいろいろな行事体験と試合出場や昇段審査などの生の声を載せてゆきます!極真館総本部のレポート記事などもアップ!

 

「主張大会!最優秀賞!寛志くんの作文!」   

夏休みの唐子道場恒例の早朝練習「朝練」を題材に
齊藤寛志くんが作文にしたところ!
主張大会に推薦され!
見事!最優秀賞に輝いた作文です!素晴らしい!
感動して涙が出ました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

朝練から学んだ努力の大切さ

坂戸小学校    五年一組     齊藤 寛志

 ぼくは、今年の夏休みに空手の朝練をしました。
毎朝五時に起きて、けいこ場へ行き、
みんなで、走りこみ、うで立てふせ、腹筋、スクワット
などの補強をくり返しやしました。
妹は起きるのがつらくて毎日泣いていました。
回りのみんなも苦しい練習で、涙いっぱいでした。

 実は、昨年のぼくがそうでした。
朝早いのはとてもつらかったし、
練習の大変さを思うと、つらくて泣き叫んでいました。
無理矢理つれていく母をにくらしいと思った事もありました。
でも、練習のあとは不思議と気分がよかったし、
夏をこえたあとの練習ではとても調子がよく、
スタミナやパワーがついたことを自分自身で実感することができました。
そして試合でも優勝する事ができたのです。

 だから、今年の朝練は気持ちがちがいます。
後かいしないように目標にむかって取りくむことができました。
ぼくは空手の中では二級茶帯になり、みんなのお手本にもならなければなりません。
ぼくの取り組みで、がんばって続けることは必ず結果がついてくるという事を
この朝練を通して伝えたいと思いました。

 朝練の成果は、ふだんの生活にもあらわれました。
運動したあとの食事はとてもおいしく、たくさん食べる事ができます。
学校へ行く朝も、めざまし時計なしで起きることができます。
勉強する時や、野球で打席に入る時
今まで以上に集中できるようになれたとも思っています。
また、この生活を支えてくれている両親がとても大事なそんざいである
事が分かり感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 練習の時、先生はぼくをいつもほめてくれます。
失敗、成功ではなくて今一生懸命努力している事をほめてくれます。
そして、いつか夢を叶えるぞとはげましてくれます。
ほめられる事は、とても嬉しくさらにやる気がわいてきます。
そして仲間にも、がんばろうと声をかける事ができるようになりました。
仲間が支えあって一緒にがんばる事は、とても嬉しいし気持ちがよいです。
行動、実践、前進し、おたがい認めあって成長していきたいです。

 ちがう形なのかもしれませんが、この間見た花火大会で思いました。
ぼくがみた花火はとても大きく、きれいですばらしかったです。
きっと打ちあがるまでには、たくさんの努力、支えあいがあったのだと思います。
有名な東京スカイツリーも、完成するまでには、
たくさんの苦労があったことと思います。
ぼくは、完成したきれいな部分だけを見て楽しんできましたが、
これからは、そこに至るまでの過程ものぞける人間になっていきたい
と考えるようになりました。

 最後に、この夏終わりに見た世界陸上では、沢山の笑顔、涙を見ました。
ぼくは、感動し、興奮していましたが、
この場に立つまでの努力は想像できないほど大きい物なのだと思います。
 ぼくは、大きい事でも小さい事でも、完成するために、
夢を叶えるために努力する事を大切にしたいと思います。
そして支えてくれている人たちに感謝の気持ちを忘れず、
自分もみんなを支えていける人間になります。
このように考える事ができたのは、ぼくのこの夏の成果であったと思っています。

 朝練という機会を与えてくださった先生へ。
ぼくは、この努力を継続し、
必ず全日本チャンピオンになりたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ