山田道場で一緒に汗を流す仲間たち!極真カラテを習いながら経験したいろいろな行事体験と試合出場や昇段審査などの生の声を載せてゆきます!極真館総本部のレポート記事などもアップ!

 

「インドネシア滞在記!前編!」   

「インドネシア滞在記!前編!」 

全極真インドネシア国際空手道選手権大会&国際セミナー参加

2011年10月3〜インドネシア大会と国際セミナーに参加しました。
今回は元KIDが試合に参加しました。
夜9時ころ成田を飛び立ちマレーシアのシンガポール空港へ夜中の3時頃到着し…
朝5時位まで待って飛行機乗り換え…連絡悪いです・・。
しかしシンガポール空港(世界ショッピングモール?みたい)
の素晴らしさは満喫できました!
乗り換えて一時間位でインドネシア「ジャカルタ空港」に到着!
飛行機の乗り継ぎは初めてだったし電車の乗り換えでも苦手な自分です・・
何かと飛行機搭乗には時間がかかるので正直疲れました。

そして空港に迎えに来てくださったインドネシア支部の方たちに歓迎され!
ホテルまで乗せていただきました!車に乗ってまず驚いたのは…
運転の激しさ?荒っぽさ?強引さ…はっきり言って怖かったです!
それとなんと言っても驚きは?
小型バイクの多くて無謀とも言える運転の激しさ…
皆通勤にバイクを使っているのは理解できますが・・・?
親子で乗っているバイクもいるんです!!!
パパがバイクの運転で後ろに奥さん!さらに子どもをおんぶしてます!!
もっと凄いのはパパの前に子ども一人後ろに奥さんと子ども!!
合計4人乗りで走行中のバイク!も珍しくありません・・・
しかも道路にラインとかなくて・・・(バイパスみたいに片側通行?)
みんな車もバイクもグチャグチャに走行しています・・・
それと交差点がほとんどなくて反対側の目的地は・・・
遥か遠くのUターン地点まで行って戻ってくるんです・・
おまけに必ず渋滞しています・・・
渋滞中に車の間を縫って?水や食料の販売員?(普通の人)が歩いています。
何を言っているか分かりませんが多分??
「水やお菓子はいかかですかぁ〜。」ってとこでしょう。
さらに!!徐行中のドアのないバスから飛び降りる人!飛び乗る人!?
車にひかれそうで・・・危なくて見てられません。
しかし交通状況をみると…みんなそれが当たり前のようです。
この話は街に出る度に!帰国するまで驚きの連続でした!
さて…やっと…ホテルに到着し…部屋で一休み…
と思っていたら…とんでもない…
昼過ぎまで部屋には入れない!チェックイン出来ない…ですって・・
仕方なくそのままロビーでぐったりとした一行でした。

現地で聞いた話ではインドネシアでは怒ってはいけないらしいんです・・
怒って怒鳴ったりすると?「心の器が小さい!人間が未熟である!」
と思われるらしんです・・・えぇー???
現地の人に聞きました。「嫌な事あったらどうするの???」
現地の人は言いました。「笑うんです!笑ってやり過ごす!」
へぇ〜・・・ホントに人間がおおらか?凄いなぁ・・と感心。
しかし笑っているがホントは怒ってるのか?とちょっと不安・・
やはり海外にはいろいろな価値観があるもんだと思いました。

その後館長、副館長と日本の皆さんで昼食に行きやっとくつろぎました。
食事中に館長が元基に言いました・・・
「山田!お前はベスト8以上に入らなければ置いて帰るぞ!!」
といきなり・・・プレッシャーを頂き?ました。
これは自分もびっくりでした・・・思わず笑ってしまいました。
海外試合が初めての元基は苦笑いと緊張が隠せませんでしたね・・
選手たちはその後体を休めろとの事で部屋にもどりました。
自分は審判講習会が開かれ勉強会に参加です!
緊張しましたがお手伝いもできましたし勉強になりました。

夜は館長をはじめインドネシア支部の幹部方と他大勢の皆さんで食事に出かけました。
何故か日本食レストラン??インドネシア料理ではありませんでした。
実は盧山館長の御心遣いで試合前日の選手達のために食べなれた食事を選ばれたそうです。
いつもながら館長の優しさ!お気遣いは感動します!
さて!いよいよ!明日は試合です!期待と不安がいりまじり複雑な心境です・・
試合に出す親の気持ちは本人と同じくらい?に緊張しますね・・・
普段のご父兄方のお気持ちは凄くわかります。
まぁ・・・チャレンジャーとしてのびのびやってこいって感じでしたね。


後編へつづく・・・

押忍!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ