山田道場で一緒に汗を流す仲間たち!極真カラテを習いながら経験したいろいろな行事体験と試合出場や昇段審査などの生の声を載せてゆきます!極真館総本部のレポート記事などもアップ!

 

「第2回オールアジア大会」  

「第2回オールアジア大会」

第2回オールアジア大会&第1回韓国国際青少年大会!

2012年8月5日に開催された第2回アジア大会に韓国へ行ってきました。
この大会はアジア各国から選抜された代表選手が競う大会です。
自分たちも日本代表として責任を背負い参加しました!

日本を出発したのは8月3日(金)でした。
韓国は海外と言ってもとても近いので成田から2時間くらいでインチョン空港へ到着!
その後バスにのり1時間くらいでソウル市内のサンジョン(三井)ホテルに到着。
しかし・・・やはり皆車の運転はかなり荒っぽい!
インドネシアほどでは無いにしろ??かなり割り込みの強引さ!
みんなが「おぉ〜・・・あぶねぇ・・・」などと驚いていたら・・・
ガイドさんが「これが当たり前!遠慮してたら韓国では運転できません!」
と言って笑っていました・・・日本では考えられない。
ガイドさんの話では韓国は地震がまったく無い国だそうです。
「もし地震が来たら韓国は大変なことになるでしょう・・・」
とニコニコ話してましたが日本人の我々には笑いごとでは無いですね・・・

到着日は何の予定もなく疲れを癒し観光をしました。
連日の予定は日本でもらった案内に書いてありましたが・・・
なかなか予定通りにはいきません。
ホテルの支払い方法から・・・
セミナーの予定などころころ変わってしまいます?
海外滞在(大会)ではよくあることですが・・・
何があっても?驚かない!動じない!
何があってもいいように心構えが必要です。
誤解のないように書きますが・・・
主催側が悪いとか?誰が悪いわけではありません。
日本の地区大会ですら連絡の行き違いやら何かしら問題が起こります。
しかもアジア各国との連絡となるといろいろ起こって当り前と思います。
海外はなんでもあり?と前にも書きましたが・・・
何が起きても?想定内!!!
一緒に行った選手や御父兄の皆さんも実際に驚いた?と思います。
何はともあれ?初日はかなりたっぷり観光できました!

二日目!電車に乗って極真館 韓国本部道場にてセミナーでした!
電車に乗るのもかってが分からず立ち往生・・・
金先生に助けていただき皆無事切符を購入!
韓国の地下鉄ですが切符?というか電車カードみたいなもの。
再利用できる電子切符?駅を出るときに換金できます!(500ウォン)
日本のように不要な切符にならずエコなんですね。
韓国本部道場にてセミナーや審判講習会い参加し終了!
いよいよ明日は試合本番です!
みなさんの自然に気合が入った表情が印象的でした!
ホテルに戻りやはり・・・ゼッケン付け。
3年ぶりの裁縫作業・・・これだけは勘弁して・・・
なんとか縫いつけましたが・・・シールにしてほしい・・・マジで。

8月5日アジア大会当日!
午前中は韓国青少年大会とアジア大会型の予選でした!
予選で並んでいるときも何があるか分かりません・・・
実際に並び順と呼び出しが違っていました・・・
突然呼び出されて慌てて試合場に上がる・・・
何回ありましたが・・・実際自分もそうでした。
自分の順番が迫りくる緊張感が全く無く??
いきなり本番の試合!まぁ・・・今考えると?
硬くならず?それも良かったのかも知れません。
なんとか予選は3位で通過できとり合えずホッとしました。
予選1〜3位は日本選手でしたが4位は韓国の選手です!
海外選手の型のレベルは数年前とは大違い!
型教則DVD普及の効果があるのだと実感しました。

そして午後の開会式の後に直ぐ型競技の決勝戦の予定?!
絶対に日本が勝つ!気合を入れてスタンバイ!しかし・・・
待てど暮らせど・・・セレモニー後その気配なし・・・
途中で試し割の後直ぐです!と言われましたが一向に無し。
結局アジア大会の組手・型の決勝戦は大会の最後でした。
その日あと1度だけ全力で型を打てば終わり!
気合を入れて臨みました!結果は3位入賞!
優勝は田村優太くん!(アジア大会2連覇)準優秀は井上雄太くん!でした。
2人とも全日本のトップクラスの若手のホープです!
自分も1位〜3位を日本が独占できたことが嬉しかったです!
本部席の館長をはじめ役員の方々に挨拶をしました。
盧山館長に重い握手をして頂き!
広重副館長より「老体に鞭打って頑張ってるなぁ!」
と言っていただきありがたき幸せ!
そして岡崎師範からは「引退はまだまだだぞ!」言われ!
石島師範からは「実力が伸び続けてますね!」と過分なお言葉!
それは師範・先生先輩方のお陰です!
心が感謝でいっぱいになりました!
逃げずにがんばって良かったと心から思えました!
応援して下さる皆様にも本当に感謝申し上げます!

大会後のレセプションでは各国の選手達と交流がもてて楽しかったです。
とくに南アフリカの子どもたちのリズム感の素晴らしさは圧巻でした!
楽器に覚えのある?自分は彼らと箸を使って大ドラム合戦!
日本なら大目玉で怒られる処でしょうが・・・
国際交流という事で御勘弁願います。


いつも海外は自分だけの試合ですが・・・
今回は青少年大会の選手たちで生徒達も一緒です。
ハッキリ言って何時もの倍神経使いました・・・
引率してくれた元kidに感謝です!

今回もたくさんの良い経験と思い出が作れました!
来年は全日本のあとに世界大会が迫っています!
今後どうなるかは分かりませんが・・・
極真館の世界への発展のお手伝いをできれば光栄です!
今後とも宜しくお願いします!

押忍!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ