亀福堂

世界最大猫メインクーンの王子様たちのブログです
カメオ色のカメたん 2004年7月3日生まれ 男の子
大福餅のフクたん 2004年8月5日生まれ 男の子
【旧亀福堂】へもぜひお越しください(ページ左リンク集より)

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

旧亀福堂
(↑カメフク過去編)
Cattery PURE COON
(↑カメフクのブリーダーさん)
うめざび
(↑梅ちゃん、ザビちゃん過去編)
となりのうめざび
(↑梅ちゃん、ザビちゃん)
笑門来福〜日々これ口実〜
(↑パンちゃん)
〜魔女のココロ〜
(↑コタ君)
doraneko掲示板
(↑MISIAさん)
ぴくぴこ日記
(↑ぴくたん、ぴこたん)
ねこにっき
(↑あんずさん)
猫だまり
(↑外猫さん、花、他)
猫と旦那と私
(↑亮君)
猫大家族物語
(↑テンちゃん他10にゃんず)
My cup of tea
(↑チビオ君、コチャコ君、チロちゃん、クロちゃん)
うにっき
(↑うにちゃん)
My cat and delicious food
(↑小姉妹ちゃん、お料理)
くてくて日記
(↑小丸君)
トムお坊ちゃま&りりー姫
(↑トム君、りりーちゃん)
ちびうるシンガプーラ
(↑ハリー君過去編)
ちびうるシンガプーラ♪
(↑ハリー君)
にゃんころり
(↑まるちゃん、ひめちゃん、おーくん)
micmacのBlast!な毎日
(↑1号にゃん、お弁当、他)
さばとら。
(↑むさちょ、もんチム)
サスケ三昧
(↑サスケ姐さん過去編)
サスケ三昧A
(↑サスケ姐さん)
銀猫日記
(↑白兎君、煌ちゃん、姫巫女ちゃん)
癒しの泉♪
(↑ミーちゃん、ムクちゃん、モネちゃん、他)
ニャンコ部屋
(↑マーシャルちゃん過去編)
ニャンコ部屋U
(↑マーシャルちゃん)
七福仔ニャンの保護日記
(↑マーシャルちゃんちで保護された仔ニャンたち)
にゃんカフェ
(↑リーくん、ルーちゃん、ジーちゃん)
にくきゅうのにほひ
(↑nyagonekoさんち、ワンニャンいっぱい)

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:くみこ
※皆さま、たくさんのあたたかいコメント、ありがとうございます。
お陰さまで1週間たったこの週末は、カメフクともにすっかり元通りになりました。
ご心配をおかけしました。

◇まるさま
おーくん!! おーくんもついに昔をのこになられるのですね。
ひめちゃんへの想いはついに伝わらずじまいとなるのですか…
可愛いひめちゃんと、可愛い可愛いおーくんの間に生まれる仔猫なら、さぞや可愛くて可愛くて可愛いだろうと思いますが、相性とか癖とかタイミングとか、どうにもならないことはどうにもならないのですよね。
どうか、かかりつけのお医者さまが、外科手術を得意としているかたでありますように。
おーくんの身体的・精神的な負担が、小さく小さく済みますように。私も祈ってますね。

◇doranekoさま
カメフクのかかりつけのお医者さまは大きな洋猫の手術を多分したことがなかったのでしょう。
もしかしたら、体の大きさ分よりもずっと多く、麻酔を打たれてしまったのかもしれません。
手術後1時間でお迎えに行けたというのも驚きですが、たった1時間でもう歩けただなんて!!
それは、MISIAさん、とても良いお医者さまにかかっていらっしゃるということですね! 羨ましいです。

◇はる吉さま
手術前に、どういうふうに切ってどういうふうに取り出してどういうふうに後処理をするか、ということはちゃんと詳しく説明してくれました。
うちの先生は丁寧に説明はしてくれるのですが、だからこそ、今までとてもとても信頼していたのですが、もしかしたら外科手術はあまり得意な方じゃないのかもしれません。
亮君もだいぶ長い間ぐったりしていたのですか。
カメフクは亮君よりお兄さんですが、亮君の方が小さい身体でおなじようにつらい思いをした大先輩ですね!

http://happy.ap.teacup.com/kamefuku/
投稿者:くみこ
◇chitosecatさま
ひえええ、採血しただけで、2日間ふらふら…
採血のために麻酔を打つ子もたぶんそう多くはいないかもしれませんが、採血するだけのために2日間ふらふらになるほどの量の麻酔を打たれてしまっただなんて。
それも大変でしたね。
元気に元通りになってくれたから、笑い話になるけれど、やっぱり麻酔は怖いですね。

◇harryさま
本当の本当にショックでした。
もちろんカメフク本人たちの方がつらかったのでしょうが、初めてシャーシャーしている姿を見ている私たちも、それはそれはつらかったです。
まず目つきが違いました。目の色も違いました。瞳孔もひらきっぱなしで。
このまま戻ってくれなかったらどうしよう、と思ったりもしましたが、今はすっかり治ってくれましたよ。

◇マミーさま
手術中のことは見ていないので、想像しかできません。
でも少なくとも、麻酔の量が適量ではなかったということは、間違いないと思うのです。
お医者さま、変えます。しばらくはお医者さまジプシーですね。
さてさてシャンプーのことなのですが、どうもうまく事が運ばないかもしれないのですよ〜。
今回だいぶ精神的なショックを与えてしまったので、またすぐに知らないところ(きっともう憶えていないでしょう)へ連れていかれて、しかもすっっっごくイヤなことをされて、ふたりとも全然違う匂いにされて帰ってくるわけですから、またシャーシャーやり合うようになってしまうかもしれないのです。
ちょっと様子を見ましょうね、とブリーダーさんに言われてしまいました。
う、う、くさいのに〜。ベタベタなのに〜。

http://happy.ap.teacup.com/kamefuku/
投稿者:くみこ
◇猫大家族の母さま
大きな洋猫は初めて見る〜、と、初めての時に先生が喜んでいらしたのを憶えています。
つまり、大きな洋猫の手術はしたことがなかったのでしょう。麻酔の量も、加減がうまくつかめなかったのかもしれませんね。
プライドの高い子は、どんなにつらくてふらふらしていても、トイレに行きたがりますよね。
ああ、モモちんの最期のころを思い出してしまいました。モモちんも絶対にトイレに行っていました。
においについては、まさにおっしゃるとおりだと思います。
お互いににおいをクンクン嗅いで、おもむろに「フシャーッ」とやってました。
だから〜…シャンプーもちょっと心配なのですよ〜。
ふわふわブラザーズ…本当にお披露目できるかしら…

◇chittoさま
コチャコ君もですか。ぐったりした姿、見るのつらいですね。
普段からふにゃふにゃたれたれのフクたんですが、普段のぐにゃぐにゃと明らかに違うのですもの。
総シャー!! ですか…それは…怖い〜。
おっしゃるとおり、お互い、とてもイヤなにおいだったのだと思います。
これが普段から「シャー」を聞きなれていればそれほどショックでもなかったかもしれませんが、何せ「シャー」を言ったことのない子だったものですから、ショックでショックで。
1週間たって、もう全然元通り。完全に仲直りしてくれたようです。
できればもう二度とふたりの「シャー」は聞きたくありません。

◇みゃ♪さま
コタ君は声が枯れてしまっていましたか。
それはきっと病院で、「かーちゃん!!」「とーちゃん!!」って叫び続けていたのでしょうね。
逆に麻酔は早めに醒めていたともいえるかもしれません。
カメフクはウンともスンとも言えない状態でした。永遠に目が覚めなかったかもしれないと思うと怖くなります。
カメフクはもうすっかり元通りになりました。今日は、元気な姿をアップしたいと思います。

http://happy.ap.teacup.com/kamefuku/
投稿者:くみこ
◇うさちょ。さま
そうですね、簡単とえども手術は手術。麻酔は麻酔。
私はもっと慎重にお医者さまを選ぶべきだったのかもしれません。
必要以上のストレスをカメフクにあたえてしまったのだと思います。
今はもう痛がる様子もなく、すっかり仲の良い兄弟に戻ってくれました。ほんと良かった!

◇micmacさま
本当によく頑張ってくれました。
先週の半ば過ぎくらいからようやく「シャー」を言わなくなり、今はもう、構えたことろがどこにもありません。
顔つきもとても穏やかで、すっかり以前のように戻ってくれました。
ただ、この週末はのんびりゆっくりしすぎて、2日間、3にんで「眠り姫」と化しておりました…
掃除しろ、自分!

◇yoさま
ありがとうございます。
手術の前後にずっとそばにいてくれた、母と姉にも感謝です。
また、そばにいない分、大きな心配をかけてしまったであろう父にも感謝です。
そして、つらいつらい手術を乗り越えてくれたカメフクに、最大限の感謝をしています。

◇遊子さま
白兎君は、あれを2度繰り返したのですものね。
つらかったでしょうね。よく頑張りましたよね。
麻酔が醒めない状態って、見ていて本当に痛々しいです。
ブリーダーさんが行っていらっしゃるお医者さまは、ずばぬけて外科手術が上手なのだと思います。
ここで皆さまのお話しをうかがうと、麻酔がなかなか醒めなかった子が結構いらっしゃるようで、カメフクのお医者さまが特別下手っぴだったというわけではないのかな、と思い直しました。

http://happy.ap.teacup.com/kamefuku/
投稿者:遊子
くみこさん、カメたん、フクたん
本当にお疲れ様でした。

我が家も白兎の一度目のオペの時は
長時間、麻酔が覚めなくて
張子の虎みたいに首を振っていました。

簡単だといっても手術は心配ですよね。
カメたんフクたん早く元気になりますように。









http://silver.ap.teacup.com/hakutokira/
投稿者:yosan
あら..........
お大事に,お疲れ.

http://yellow.ap.teacup.com/ippikling/
投稿者:micmac
カメたん、フクたん、がんばったね。
えらかったね。
くみこさんもお疲れさまでした。
のんびり、ゆっくり、リラックスしてくださいね。




http://orange.ap.teacup.com/micmac/
投稿者:うさちょ。
カメたん&フクたん、お疲れさま。
簡単といえども、手術だもんね。
怖いよね。痛いよね。
仲直りできてヨカッタ。

http://angel.ap.teacup.com/cebu/
投稿者:みゃ♪
カメたんフクたん、大変お疲れ様でした。
ぐったりって・・・心配ですね。
コタの手術後は大興奮で、声まで枯れていました。

とにかく安静に・・・カメフクたんのそばに居てあげてくださいね。
お大事になさってください。
元気なカメフクたんの写真がアップされるのを心よりお待ちしています。

http://pink.ap.teacup.com/mina/
投稿者:chitto
ああ。そんな出来事が起こっていようとは…。
カメたんフクたん、お疲れさま。くみこさんもご心配でしたね。

確か、うちのコチャコも手術の後かなりぐったりしてました。
ぐったりとは正にこのこと、ってくらいへばってました。
ご心配、わかりますよー。

カメたんフクたんの仲違い、猫大家族の母さんが書かれてるように
お互いがお互いについてしまった病院のイヤ〜なにおいに
反応してしまったからかもしれませんよ。
うちでも誰かを病院に連れて行って帰ってくると
残った猫に総シャー!!をお見舞いされます…。
意識がハッキリしたのになんかクサイよ、カメたん…と
フクたんが思ったのかも。
でもとりあえず仲直りも済んだようでよかったです。
最後の2枚の写真で私も一安心です♪



http://blog.drecom.jp/chitto/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ