★関連リンク★【 ニシナガレ| Twitter| リンク

台風だ♪

2004/8/31 | 投稿者: たけぽん

いままさに台風のど真ん中。

Tさんからメール。名古屋は風がすごいそう。でも雨はたいしたことないそうな。「東京はどう?」と来てたので「こっちも風ばっかりで雨はたいしたことないっす。福岡での台風に比べると東京の台風は気合が足りませんね」と返送。

福岡で台風って言うと、わりと命にかかわる感が強かったんだよなぁ。大物が吹っ飛んでくるし。高校のときの台風では、目の前に路肩の木が倒れて飛んできたし。翌日学校に言ったら講堂の屋根が吹っ飛んでて、対面の駐車場に落ちてて車が全滅してたし。

ていうか、そのときのアマリの恐怖を超える台風にまだ出くわしたことがないなぁ。福岡に居たときも、そのときの台風を超えるものはなかった。あれ、いま考えるとイイ経験だなぁ。

目の前で木が倒れてしかも飛んでくるなんて風景みれないもんなぁ。あと、飛んでいく看板、折れ曲がった信号機、毎回水没するトンネル。そして、翌日の学校大掃除。・・・めっちゃ美味しいやんコレ。
0



2004/8/31  19:45

投稿者:でかい方

台風の思い出ですか・・・。
そうすねぇ、アレは確か13年前。短大二年生。アルバイトは朝は新聞配達、昼はパチ屋でフィーバーかけて夜はボーリング場のメカニックのバイトをしていた頃・・・。

台風が夜明けがた名古屋に接近。槍が降ろうが鉄砲が降ろうが新聞配達はあります。
案の定、雨は大降りです。大雨の中新聞配達の自転車にまたがりいそいそと新聞屋を出発します。

「こんな日に限って開校記念日で休みだよ。」なんて事を思いながら自転車を走らせていると、突然あちこちのマンホールから水が噴出し、道路は15センチほどの浸水で坂道なんてコイで登れた物ではありませんでした。
道路の一部が見る見る浸水、さっきまで止まっていた軽自動車は、10分後水没して天井がちらりと見えるだけ・・・。
こりゃやばいかなぁ、と思いながら約3時間かけて新聞配達終了。
終了とともに空には太陽が・・・・。オイ!

あちこちが路面冠水している為、通勤抜け道の車が右往左往。
ソレを横目に新聞販売店に帰ると皆が一言「隣町が水没して鉄道、国道が通行止め。約2メートルくらいの高さまで水があるとの事でした。

自宅に帰り、それを家族に言うと弟はうれしそうに「ガッコ行ってくる」と自転車にまたがり、高校へ・・・。

その日登校してきた生徒は5人だったそうです。


普通休むだろうが・・・。

2004/8/31  17:27

投稿者:たけぽん

台風一過。今日は暑いー!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ