★関連リンク★【 ニシナガレ| Twitter| リンク

世界ツクール

2005/8/14 | 投稿者: たけぽん

たけぽんす。

以前、もう4年以上前になるんですが。A社のネットワークコンテンツ部門にいたときの話ですが。おいらぁ、ネットワークRPGメーカーなるみんなでネットゲーを創って楽しもうぜというコンテンツの担当をしておりました。残念ながら諸般の事情でこのサービスはほんっとに急に終了させられてしまったのですが。終了後しばらくまで、当時の編集長ともくろんでいる企画がありました。

それは『世界ツクール』。

HTMLのようなテキスト言語を使うことにより、ユーザーは自分の空間スペース(Webスペースのようなもん)にイベントやアプリケーションを設置できるというしろものです。

つまり、ユーザーさんがホームページを作るような感覚で自分だけの空間を世界に向けて配信。そこにいろんなお客さんが専用ツール(ブラウザみたいなもん)でアクセスしてこれるわけですが、そのお客さんはすべてポリゴンで作られたアバターで街を移動するように移動し、ユーザーが構築したビルや貸間のようなところに入っていくことが出来るというものです。

イメージとしては、専用ツールを起動すると、アナタの部屋(ホーム)にアナタがいるイメージが表示されます。マウスやキーボード、ゲームコントローラーでその部屋から外に移動。まさにゲームと同じ感覚です。

外に出ると、街の中をイロイロな人が歩いています。その一人一人がすべて実在するユーザーさんで、その場でチャットしたりいろいろ出来るっていう感じです。MSNメッセンジャーみたいな機能もあって、お友達リストにある人のところには簡単に移動できたりというギミックもあります。

んで、街の中には、ビルとか家とかいろんなものがあって、それはすべてユーザーさんや企業が作ったもので、建物の大きさはホームページ容量の違いに似た感覚でそこに存在します。もちろん、なかには、鉄道会社を運営しているひとや航空会社を運営しているサービスもあるかもしれません。

その空間の中には自分の好きなようにオブジェクトを置いてイベントを組み込めるので…ショッピングセンターを作って物を販売することも可能です。意味もなく走って他のユーザーと競争したりも出来ます。

実は閲覧用のプログラムはサーバー機能も内蔵しておりP2Pで情報を共有していくこともできるのです。なので、そのソフトを立ち上げている間だけ存在する自分だけの共有スペースみたいなものもあって、そこにお客さんを呼んで何かイベントを開催したりも出来るのです。

その当時は…マシンスペックとかそれだけの処理が出来るサーバー類はどうしたら作れるんだろうって感じでしたけど…。

ちょっと前に紹介したGoogle Earthや、ハンゲーム、NTTソフトウェアが発表したスペースブラウザとかが世に出てきて…、あぁあの企画を進めることが出来てれば、結構オモシロイことができたんじゃないかなぁっと思ったり思わなかったり(なんだそれ(笑)

イメージとしては、けっこう理想に近づいてきてるNTTソフトのスペースブラウザは残念ながら企業向けでしかも使うのに数百万もするものなので、一般向けじゃないんですよねぇ。それに、3次元状にWebページを表示してあるのももうひと押しほしいところです。(いや、技術としてはすばらしいと思いますよもちろん。おいらのはあくまでもエンターテインメントのための構想ですし)

RSS、RDF技術やアバターによる仮想空間ゲーム、3Dでの空間表示、そして広くユーザーが利用できる(しかも無料で)アプリケーションつうのが構築&発信できれば…キット面白いと思うんですよねぃ。

そういう世界が作れれば…仮想空間の中で公開録音とか、ヴァーチャルドームライブ・3DAYズとか分けわかんないのもできたりしないかなぁと。

ウエキョン校長ー、世界ツクールの夢はまだ消えていませんか?
0



2007/9/14  14:59

投稿者:たけぽん

お。

なんだか、そのイメージにやや近いサービスがでてきましたね。とりあえずβテストに応募してみます♪
http://vizimo.jp/

2005/8/22  12:05

投稿者:ウエキョン校長

> 携帯のGPS機能と連動でリアルに再現された鏡のウラのような町の中を歩いて探検みたいな……

あるいは、Livedoorな無線LANも利用して、都内リアルRPGとか。
自分の家の近辺にプレイヤーが来るとクエストを出せたり、アイテムショップとして機能したり……。(自分はリアルに運動したくはないけどね。)

2005/8/21  21:58

投稿者:たけぽん

岐阜のMVLとかが現役で動いていた頃であれば、こういうアイデアも国にもっていけたかもですね。
最近のVRやMR事情はどうなんでしょうね。


携帯のGPS機能と連動でリアルに再現された鏡のウラのような町の中を歩いて探検みたいなアプリゲームもおもしろいかもですね(って話し変わってますけど(笑))

2005/8/19  21:08

投稿者:ウエキョン校長

あったねあったね。
あーなつかしい。もう、4年も前の話なのね。
夢は消えないけれど……。
はてなの発展とか見てるとエネルギーさえあればなんとかなるとは思えるが。
どっかベンチャーキャピタルとか目つけてくれないか?

2005/8/16  18:16

投稿者:たけぽん

NECO家はコンテンツメーカーなのでこのネタを実現できるような人が眼にしてくれればそれでOKかなぁと(笑)

これって巻き込む技術の範囲がでかすぎてよほど力のある企業かエネルギッシュな企業じゃないと実現できないんですよねぇ。

それにアイデアを思いっきり公表するってのはアリと思います。記録としても使えるし、それ以前にコレ4年以上前のアイデアですし(笑) GoogleMapsの地図も数年前の航空写真を使ってるので似たようなもんですかねぇ(それは違うか

2005/8/16  8:32

投稿者:でかいひと

ここに書いちゃった時点でまずいんじゃないでしょうか?

アメリカみたいにイメージにも特許出願できれば良いのにねぇ。

2005/8/15  12:07

投稿者:じほこ

それは是非完成させて下さい。
でもイイトコまでいったところで、あの有名なHえ
もんに
アイデアと言うかシステムと言うかをかっさらわれ
た会社を知っています。
気を付けて下さいよ。
ただちにNECO家正面玄関前にガードマンを配置
して下さい。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ