2020/1/6

2020年イラン情勢 今後を考える〜過去の株価を参考〜  在庫循環モメンタム

■湾岸戦争1991年〜イラク戦争2003年 
    日米株価指数の推移

▼NYダウ(月足)
クリックすると元のサイズで表示します

▼日経平均株価(週足)
クリックすると元のサイズで表示します


■イラク戦争2003年〜(2001年11月アフガン侵攻)

▼NYダウ(月足)
クリックすると元のサイズで表示します

▼日経平均(週足)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/1/2

1929年 ブラックサースデー暗黒の木曜日  市場の歴史

▼NYダウ 1929年9月3日〜1932年7月8日【週足】
        天井 386.1j 〜 大底 40.56j
クリックすると元のサイズで表示します

▼1929年10月24日木曜日 ブラックサースデー 
クリックすると元のサイズで表示します

▼1929年11月〜1930年4月【日足】(+52%戻り相場) 
(29年11月の安値195j〜30年4月の高値297j)
クリックすると元のサイズで表示します

   1929年 NY株価暴落 暗黒の木曜日 解説

▼1929年
09月03日 高値386j 最高値 
11月13日 安値198j 71日間で−188j(−49%)

▼1930年
04月17日 高値297j 155日間で+99j(+50%)
12月17日 安値155j 244日間で−142j(−48%)

▼1931年
02月24日 高値196 69日間で+41
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 戻り高値 297をつけた時より
 高値196jをつけた時の方が日柄は短く
 小幅の戻りであるこれは基調の
 下落傾向を示している。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
06月02日 安値120 95日間で−76(−39%)
       1919/11の天井。過去の天井が底に。

06月27日 高値157 25日間で+37 (+30%)
        過去の底が天井になった。

10月05日 安値85 100日間で−72 (−46%)

11月09日 高値119 35日間で+34 
       同年6/2につけた安値と同水準。

12月17日 安値72 37日間で−47 (−39%)

12月19日 高値83 2日間で+11(+15%)

▼1932年
01月05日 安値70 17日間で−13(−16%)

03月07日 高値89 64日間で +19(+27%)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日柄の割には小幅な上昇なのは手仕舞いが
 終了していないことを示している。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
07月08日 安値40 121日間で−49(−50%)底入れ、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 1929年高値から34ヶ月目、
 1931/11/19 〜 32/1/5までの
 下げ幅と同等であることを注目。
 3/9〜7/8 最終的な手仕舞いが進み、
 最も大きい上げは +7(+10%)
 6/16〜7/8 最後の下げは -11(22%)
 29年〜32年 最高値〜安値は34カ月−345(−90%)
 33年間の上昇が帳消しに。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
09月08日 高値81 62日間で+40(+100%)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ショートカバー(空売りの買戻し)と
 腰の入った買の最初の上昇
 3ヶ月保合とならず下げたり上値をとらない,
 下落の兆候であり上昇前の調整。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▼1933年
02月27日 安値49 172日間で−31(−38%)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 出来高が非常に少なく手仕舞の終了示す。
 32年7月安値から7ヶ月 
 市場に最悪な話しがあれば株を買う時期である
 良いニュース以外ない栄華の中に終焉を迎える。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
07月17日 高値110 141日間で+61(+124%)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 5・6・7月の出来高は29年終焉時より大きく
 2月安値から4ヶ月半天井を示した。
 重要な天井や底から 1・2年後の
 トレンドの変化を観察すること。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10月21日 安値82 96日間で−26(−24%)底入れ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 出来高が少なかった7/21ザラバ安値を  
 7月高値から3ヶ月間で−2下落したが
 1932/9/8の天井 81 を下回らなかった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▼1934年
02月05日 高値111 107日間で+29(+35%)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 33年07月17日の天井から+1高く大量の出来高。
 10月安値から3ヵ月半(500万株)でダブルトップ、
 112jを上抜かず天井を示した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
07月26日 安値84 171日間で−27(−25%)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 1932年9月8日〜1933年2月27日の反落の日柄と
 同じ171日。出来高300万株で多く
 1933年10月21日安値よ+2 高く底入れの証。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▼1935年
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 11月20日 高値149 500日間で+65(+77%)
 最も大きい下落でも1934年8月25日〜9月17日は
 −12と1935年2月18日〜3月18日−12jで反落は
 1ヶ月と続かずトレンドは上向き。
 1935年3月18日安値96以降11月20日に天井を
 つけるまで−8j以上の下落はなく、
 2週間以上続けて下げた事はない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
12月19日 安値138 30日間で−11(−8%)
 10・11月の出来高1億400万株(173万株/1日)と
 大きく少なくとも短期的な天井をつけた徴候であった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

▼1936年
1936年1月、1932年7月 安値から42ヶ月、
3月 1933年2月 安値から 37ヶ月、
7月 1933年7月 高値から 36ヶ月、

トレンドを見極める日柄は、 
42・37・36・48ヶ月。
1936年はトレンドの変化を見極める重要な年であった。

7

2013/1/2

1987年 ブラックマンデー 暗黒の月曜日  市場の歴史

ブラックマンデー〜暗黒の月曜日〜
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

【▼NYダウ 1987年 10月の値動き】

     始値   高値   安値   終値
 1日 2,596  2,649  2,593  2,639
 2日 2,639  2,662  2,622  2,641
 5日 2,641  2,659  2,611  2,640
 6日 2,633  2,633  2,543  2,549
 7日 2,549  2,571  2,512  2,551
 8日 2,551  2,561  2,492  2,517 
 9日 2,517  2,532  2,472  2,482
12日 2,482  2,505  2,434  2,471
13日 2,471  2,528  2,457  2,508
14日 2,485  2,485  2,400  2,413
15日 2,413  2,440  2,346  2,355
16日 2,355  2,396  2,208  2,247
19日 2,164  2,164  1,677  1,739ブラックマンデー
20日 1,739  2,067  1,616  1,841←大底
21日 1,952  2,081  1,952  2,028
22日 2,005  2,005  1,838  1,950
23日 1,950  1,994  1,899  1,951
26日 1,882  1,882  1,774  1,794
27日 1,807  1,905  1,807  1,846
28日 1,846  1,905  1,768  1,847
29日 1,849  1,972  1,849  1,938
30日 1,966  2,049  1,966  1,994

■87年08月26日年初来高値 2,742j
■87年10月20日年初来安値 1,616j

■高値から45営業日目で底を打った。
マイナス幅→1,126j
下落率マイナス→41.06%

▼1987年12月4日に2番底を付けた後、底堅く推移していく。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

■株価と金利の相関関係(1983年〜2006年)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ